体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホームランが打てなくてもハワイをゲット!チームで観光甲子園優勝を飾ろう

ホームランが打てなくてもハワイをゲット!チームで観光甲子園優勝を飾ろう

こんにちは!どんなスポーツでも大体ルールが把握できるタイプなのですが、野球には疎いライターの桃(@XxPeach)です。

ルールはいまいち分かりませんが、それでもテレビ中継がされていたらふと見てしまう甲子園…。高校生がとんでもなく暑い中、汗を流してこれまで積み上げてきたものを武器に一生懸命戦う姿は、打率を言われると混乱する私でも感動します。(打率ってもう少し簡単になりませんか…)

 

「一度は甲子園のようなアツイ夏を送りたかったな〜…」「甲子園のようなフィールドで戦ってみたかったなあ…」と思っている、全国の高校生のみなさん。今から素振りをしなくても、甲子園に出場できる機会があるって知っていますか?

この夏開催される「観光甲子園海外部門」でグランプリを取れば、ハワイへ招待されちゃうんです。今からでも間に合います。夏はまだ始まっていませんよ!

 

観光甲子園ってなに?

photo by shutterstock

観光甲子園とは全国の高校生を対象にした「地域の観光プラン」を考え競うコンテストで、全国高等学校観光選手権大会の愛称です。高校生のみなさんにもっと観光を身近に感じてもらいたい、観光を様々な方向から学んで欲しいという思いから作られました。

今回開催から10回目の節目を迎え、新しく海外部門が新設されました!海外部門第一弾の企画は、今年「日本人移民150周年」を迎えるハワイ。2名〜3名の友人とグループを組み、文化・歴史・自然を学んでハワイをもっと知り、その学びからハワイの取材企画を考え応募しましょう。

photo by 江藤誠晃

選ばれたチームは決勝大会でスピーチをし、さらに優勝チームには自分たちが発表した企画に沿って、10月に行われるハワイへの企画取材旅行へ招待が贈られます。

 

ハワイ行きを手に入れるまでの3ステップ

ハワイ行きゲットまでの3ステップは、「STUDY(学ぶ)」「PLAN(企画する)」「ENTRY(応募)」。すべてをチームで力を合わせて行います。

 

「STUDY(学ぶ)」

photo by 江藤誠晃

ハワイの文化・歴史・自然を「アロハプログラム」で学びます。プログラムではハワイ専門家の講座・ウェブセミナーを受けられ、ハワイスペシャリスト検定で実力を確認することができます。

「STUDY(学ぶ)」でしっかりハワイの基礎を学んだら、続いて「PLAN(企画する)」のための準備に移ります。ここではハワイ渡航歴27回、神戸山手大学DMラボの江藤教授が、少し違った視点からハワイを解説したものを学びましょう。テーマは時間・空間・人間。きっと企画立てに役立つこと間違いありません。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。