体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初対面で10分間!自然に「話せる人」と「話せない人」の違いとは?

初対面で10分間!自然に「話せる人」と「話せない人」の違いとは?

あなたは人と話すのが得意ですか?会話は人間関係を円滑にする重要なコミュニケーションツールと言いますが、「うまく話せなかったらどうしよう」と不安に思い、なかなか上手く話せない人は案外多いようです。特に初対面の人は、なおさら苦手と感じる人もいます。初対面なら軽く10分だけ話せば十分なのですが、苦手な人にとってはその10分が途方もなく長く感じるものですよね。そこで今回は広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、彼らの会話術を研究している気配りのプロフェッショナル・後田良輔さんに「初対面の人と10分間自然と『話せる人』と『話せない人』の違い」について話を伺いました。


自然と10分話せるようになる鍵は、「線路トーク」にあり

誰とでも自然と10分間話せる人と聞いて、あなたはどんな人をイメージしますか?「アドリブ上手な会話の達人」「人懐っこくて笑顔の絶えない人」「勉強熱心で話題豊富な人」など、会った瞬間から人を惹きつける魅力的な人を思い浮かぶかもしれません。でもそれは間違いです。私が接してきた3000人のVIPたちは、その真逆の人が大勢いました。人見知りの雰囲気なのに、なぜか初対面の人と10分以上自然と話し、その後、和やかな雰囲気にしてしまう人ばかりだったのです。そんな彼らにはある共通点がありました。それは話題の選び方です。そのテクニックを私があえて命名するなら「線路トーク」です。線路とはあの電車の走行を支えるレールのこと。進むべき道があらかじめ決まっているレールのように彼らは毎回、初対面の方には同じ話をふり、10分間は決してそれ以外の話題に脱線しなかったのです。少なくとも私が知っているVIPたちはアドリブ上手な話題名人ではありませんでした。むしろその逆で、自分が面白い話をすることを捨て、相手の話をうまく引き出す、先述した「線路トーク」だけを黙々とこなす人ばかりだったのです。初対面の人と自然と話せる人は「線路トークで質問する人」、話せない人は「アドリブで初対面の人と会話する人」だったのです。ぜひこれからは最初に振るべき話題を決めておき、それ以外のアドリブ質問をしないことを試してみてはいかがでしょうか。たったこれだけで、誰でも10分間の自然な会話を成立させることができるようになります。では次からこの「線路トーク」の実例を具体的に見ていきましょう。

線路トーク「〇〇が素敵ですね」

ほめられると嬉しくなり、ほめた相手に好印象をいだく人は多いものです。その効果を活用するため、VIP達は必ず、初対面の人をほめていました。しかしそのほめ方が普通の人と異なっていました。その違いとは、漠然と全体をほめず、細かな点をほめるということです。具体例でいうとこんな感じです。「素敵なネクタイですね」ではなく「ネクタイの水玉が素敵ですね」という感じ。全体的に「素敵ですね」とほめると「誰にでも言っているかも?」と嘘くさく思われることがありますが、細かく限定されてほめられると「きちんと見てくれている」と相手は感じるものです。ぜひあなたも「初対面の人のここを具体的にほめよう」と最初に決めておいてください。たったこれだけでスムーズな好印象を引き出すことができるようになります。

線路トーク「出身地はどちらですか?」

自分のアイデンティティに誇りを持たない人は少ないと私は思います。そのアイデンティティを刺激し、相手の好印象を初対面で引き出せる質問が「出身地はどちらですか?」です。行ったことがある土地であれば、「私も行ったことがあります。良いところですよね」と答え、もし行ったことがない土地であれば、「〇〇県のどこのあたりか教えてください」と言えば、自分のルーツを知ろうとする姿勢を見せることができ、好感を引き出すことができます。またまったく聞いたことのない土地であれば、「漢字のつづりはどのように書くのですか?」と言えば、より知りたいという気持ちをアピールできます。相手のルーツに興味を持つ姿勢は、初対面で最も使えるテクニックです。

線路トーク「緊張しますね」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。