体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外とできていない!? 仕事が上手くいくための「4つのコツ」

意外とできていない!? 仕事が上手くいくための「4つのコツ」
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。5月10日(木)のオンエアでは、『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者・河野英太郎さんをお迎えし、仕事が上手くいくコツについてお伺いしました。

■仕事に共通するコツとは?

河野さんは東京大学文学部卒業後、大手広告会社や外資系コンサルティングファームなどを経験し、現在は外資系コンピューター関連会社にサラリーマンとして在籍しつつ、自身でも会社を設立し、作家としても活動しています。

河野:私自身の経験から積み上げたもので「これが通用する」っていうコツがあります。
別所:河野さんは新入社員のころ、上手くいかなかったこともあるのでしょうか?
河野:はい。私は不器用なタイプなので、「仕事を上手くやっている人は、どうしてるんだろう」って観察していると「これだ」ってコツがあったんですね。

オンエアで河野さんが話してくれたコツは4つです。

ほうれんそう(報告・連絡・相談)のコツ

河野:上司に「お忙しいところすみません。今よろしいですか?」と真面目に問いかけると「ごめん、今は忙しいからあとにして」などと言われてしまいます。その原因は、何分かかるかわからないからです。そうじゃなくて、いきなり「1分ください」とか「3分ください」って、バッと入り込んですぐに本題に入る。そうすると、「3分くらいならいいだろ」と上司は時間を割いてくれます。そうするとすぐに仕事が進むんです。

メモの取り方のコツ

河野:メモをだらだら書いてはいけなくて、次のアクションにつながるメモだけを書くようにします。だらだら書くだけだと、これからAIがやってしまいますので、「じゃあ、こうしよう」と気が付いたときに「いつまでに、なにをする」って1行だけ書いていくことがポイントかなと思います。
別所:確かに、時間を設定するって大事ですよね。

オフィスでの過ごし方のコツ

河野:オフィスの真ん中を歩くことです。オフィスのドアを開けてロッカーの脇を通って自分の席まで行くのが普通だと思うんですけど、オフィスに入って真ん中を歩くと、「自分がそこにいるぞ」ってことが周りにも見えますし、隣の机の人が「こんな勉強をしてるんだ」とか「あの人にメールをしなきゃいけなかったな」とか、いろんなコミュニケーションがその場ではじまるんです。

メールのコツ

河野:誰に対して送っているのかわからない、BCCというメール機能がありますよね。いろいろな督促を出すときに、ひとりだけ回答してくれない人ってよくあるんですね。その人に対していきなり要求しても失礼なので、実はその人だけにBCCでメールを送っているのですが「みなさんに送っています。お願いした資料が集まらないのですが、一部は集めてくれた人もいますので、ぜひお願いいたします」と。対象者だけに送っているけど「あなた以外にも送っているんですよ」って雰囲気を出すと「わかった、出そう」というように、失礼のない範囲で督促ができます。

最後に、河野さんが考える“仕事ができる人”について伺うと、「目的をちゃんと持って、合理的に進もうとする人」だと教えてくれました。

河野さんは他にも、会議や資料作成など、仕事が上手くいくコツをたくさん紹介しました。ぜひradikoで聴いて、仕事の参考にしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。