体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NORAD創設60周年・司令部で記念式典開催

NORAD創設60周年・司令部で記念式典開催

 NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が創設されて60年となる2018年5月12日、これを記念する各種の式典が行われました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 1956年後半からアメリカ、カナダ両国間で協議を重ね、1968年5月12日に合意文書に調印し、正式に発足したNORAD。現在の司令部があるコロラド州のピーターソン空軍基地で、創設60周年の記念式典が行われました。この60周年を記念するロゴは3種類作られ、アメリカは青と星、カナダは赤とメイプルリーフが象徴として使われています。



 まず5月11日に、基地の司令部庁舎前にこれまでの60年の歴史の中で殉職した人々の慰霊碑が建立され、カナダ空軍のディスプレイチーム、スノーバーズとCF-18デモチームが共同で、死者の魂を送るミッシングマン・フォーメーションを披露しました。


 そしてカナダ政府高官らが、かつて2006年までNORADの司令部が置かれていたシャイアン・マウンテン空軍基地の施設を見学。現在のピーターソン空軍基地近くにある、シャイアン山の山体をくりぬいて建設された地下壕の基地施設で、ソ連による核攻撃が行われた場合でも指揮系統が失われないように作られた施設でした。地下610mに3階建の施設が15か所、合計でおよそ2ヘクタールの空間が広がっています。これらの施設は免震構造になっており、地震や核攻撃の振動から施設の機器が守られるようになっています。入り口の扉は、重量25トン。2kmの距離で30メガトン級の核爆弾が爆発しても耐えられるような作りになっています。もちろん、各所にある換気口にはフィルターが付いており、あらゆる化学兵器、生物兵器、そして核兵器による影響を排除しています。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。