体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもがいる社員が安心して働ける、「父よ母よ不安になるな手当」とは?

子どもがいる社員が安心して働ける、「父よ母よ不安になるな手当」とは?
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「RECRUIT THE WORK SHIFT」。この週は、およそ40にもおよぶ社内制度を展開する「ヴァンテージマネジメント株式会社」に注目。Webマーケティングのコンサルティングや、Webプロモーションの新しい形のソリューションを提供している会社です。

5月9日(水)のオンエアでは、社員の知識と金銭面をサポートする制度を紹介しました。知識をサポートするために用意されているのが、社内図書館。ヴァンテージマネジメント Web&AIパートナーカンパニーのチーフで人事部門の赤羽隼弥さんよると……。

「代表やメンバーが今まで選んできた本が置いてあります。どういうものを選んできたのかが分かり、代表が読んだ本のページには折り目が入っていたりして、脳みそを後追いできるというか、そういった意味では非常に面白いと思います。700冊ぐらいはあるはずです」

週末に読書をすることをルーティーンにして借りていく人もいるそう。ほかの人がどんな本を読んでいるのかを知ることは、コミュニケーションのきっかけにもなりますね。

金銭面では「普通のメンバーには“チャリ通手当”といって2万円が支給されます。お子さんがいるメンバーには“ファミ通手当”として月3万円を支給。あとは“父よ母よ不安になるな手当”という手当があり、子どもの習い事や、保育園、ベビーシッター代を一定額まで支給しています。この制度を利用することで、子どもができると年収が50万円から80万円上がる構造になっています」(赤羽さん)

社員の環境に配慮した制度を設けることで、今だけではなく、将来の不安を拭うことになるというわけです。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。