体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEで既読にならないメッセージ閲覧の注意点

LINEで既読にならないメッセージ閲覧の注意点

人気の「LINE」で厄介なのが既読通知。メッセージを読むと既読がつくため、読んだのに返信がないと既読スルーと言われてしまいます。そこで広まったのが機内モードを使ったLINEで既読にならないメッセージ閲覧方法でした。今では「通知」を使うと、もっと手軽に既読にならないメッセージ閲覧ができます。

既読にならないでメッセージを閲覧

ご存じの通り、LINEではメッセージを読むと相手に既読の通知が届いてしまうため、「すぐに返信しなくては」とプレッシャーを感じてしまいがち。しかし、通知でメッセージのプレビューを読む分には既読になりません。

通知を利用した既読にならないメッセージ閲覧は、LINEの「設定」で「通知」をオン。「新規メッセージ」と「メッセージ内容表示」も有効にしてください。これでロック画面や通知センターにメッセージの表示が並びます。

ただし、Androidでは通知が一覧表示されない仕様なので、既読にならないでメッセージを閲覧しにくいのが難点。そんな時は無料アプリの「ちらみ」を導入しておくと、通知をまとめてくれるため読みやすくなります。

既読にならない機内モードは要注意

また、iPhone6s以降はLINEのトーク一覧画面で目的のトークルームをPeek(軽く押し込む)することでも、既読にならないメッセージ閲覧が可能。ポップアップでメッセージの内容がチェックできます。

もちろん、従来までの機内モードを使った既読にならないメッセージ閲覧も可能です。この方法は、外部と通信できない状態でメッセージを読むもの。メッセージが届いたら、機内モードに切り替えてトークルームのメッセージを確認します。

ただし、このままでは機内モードを解除した瞬間に既読通知が飛ぶので要注意です。メッセージ確認後にタスク管理画面を開いて、LINEのアプリを完全終了。こうしておけば次にLINEを起動するまで既読にならない状態が続きます。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。