体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【雑学】ホールインワンの確率って知ってる!?

2694d17b19c6cf4c48ed2c259062c0e3_s
ゴルフをする人なら誰しもが夢を見る「ホールインワン」。当然プロでも難しいが、一体どれくらいの確率なのだろうか…。気になって調べてみたところ、諸説はあるようだが、ちゃんと調べている団体があり、ある程度、信憑性もあるようなので紹介しよう。

アマチュアだと…3万3千分の1!プロだと…3700分の1(ゴルフレジスター社)

■≪参照記事①≫ 【@深層】飛ばし屋プロお粗末 ホールインワン詐欺2015.01.19 産経新聞大阪夕刊 10頁 国際・2社■同一人物の連続達成に不審抱くゴルフをする人ならだれしも夢見るホールインワンやアルバトロスを達成したと偽り、記念品の購入費名目などで保険金をだまし取る-。そんな「ホールインワン詐欺」に手を染めていたのは、将来を嘱望されていた若手の男子プロゴルファーだった。
(中略)ホールインワン達成者の記録・調査を行う「米国ゴルフレジスター」によると、初心者を含む全ゴルフ競技者のホールインワンの確率は3万3千分の1だが、プロゴルファーの場合は3700分の1。ゴルファー保険は一般的に、達成率が高いプロゴルファーには特約を付けられない。しかし、中山被告はプロテスト合格後から約4カ月後、もともと加入していた保険会社のホールインワン特約を組み込んだまま保険を更新していた。ある保険会社の社員は「保険は性善説に基づいて契約される。よほど有名な選手でない限り、契約段階で見抜くのは困難だ」と打ち明けた。

■≪参照記事②≫米男子ゴルフツアー<リノタホ・オープン>2006.08.27 デイリースポーツ 3頁米男子ゴルフツアー<リノタホ・オープン>「歴史をつくることができて誇らしい」 記念球は殿堂に寄付へ宮里優作(26)=富士フイルム=が、米ツアー史上初の同一ラウンド2度ホールインワンの快挙を達成した。宮里はこの日66で回り、通算9アンダーで初日17位から7位に浮上した。丸山茂樹は通算4アンダーで36位、田中秀道は通算6オーバーで予選落ちした。ボブ・エスティス(米国)が通算15アンダーで首位に立った。(本紙特電)
(中略)確率は3万3000分の1!? ホールインワンの確率には諸説あるが、米国ゴルフレジスターという団体が公表している数字は3万3000分の1。パー3のホールが4つあるとして、1ラウンドでおよそ8000分の1の確率。“月イチゴルファー”なら666年かかる!?

※「米国ゴルフレジスター」はホールインワンの公式記録とその保存を行っている会社。http://www.usgolfregister.org/faq
以下は、ゴルフレジスターのプレスリリース(日付は記載されておりません)で記載されているデータ。

United States Golf Register, the nation’s first historical registry of hole-in-ones, has been formed to officially document and archive hole-in-ones. 
(中略)It is estimated that the odds of hitting a hole in one are anywhere from one in 20,000 to one in 33,000. These are guesstimates based on estimated rounds played and estimated hole-in-ones. Until now, no single group has sought out or officially documented hole-in-ones to be recorded for a national historic register.
【日本語】米国ゴルフレジスターは歴史ある米国初のレジストリで、ホールインワンの公式記録とその保存を行っている。
(中略)ホールインワンの確率は何処でも推定で1/20,000から1/33,000となっている。これはラウンド数(推定)とホールインワンの数(推定)から見積もった数字となっている。現在までホールインワンの正式的な国家記録として数字を記録し、もしくは見つけ出した単一な団体はまだありません。

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。