体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

試される島「西表島」でナーラの滝を目指す

試される島「西表島」でナーラの滝を目指す

沖縄・西表島の道路は、途中で開発が中止になってしまったことで、島の半分しか周遊できない。また、島の内地はジャングルに閉ざされている。ある集落は、途中で止まってしまった道路の先にあったため、今でも船で渡らないと到達できない。

道路がないと、どうなるか。

内地のジャングルは、ほとんどが未開の土地として手つかずのままになるのだ。かつて石炭を掘り起こそうとしたこともあり、強制労働の歴史がある西表島だが、マラリアの猛威に開発を断念された。本州であれば大抵どこにでも道があり、物流のために拓かれている。それが存在しないのが「西表島」だ。

西表島の秘境
「ナーラの滝」へ

試される島「西表島」でナーラの滝を目指す

何らかの理由をもって作られたルートは存在する。これらを探って、トレッキングに出かけるのが西表島のメジャーな楽しみ方。

今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオススメだが、とかく人が多いし、ナーラの滝のルートのほうが手応えがある。

日本のどの土地とも違う
西表島トレッキング

試される島「西表島」でナーラの滝を目指す

沖縄県最大の川である浦内川をボートでクルージングして、トレッキングルートの入り口へ入る。日本の普通の河川とは、まるで違う風景が左右に広がる。マングローブのせいだ。

マングローブたちは生存競争のなかで追いやられた植物だ、とガイドは教えてくれた。

「生存競争のなかで、育てる場所を失っていったマングローブは、だんだんと潮に耐えられる耐性を身につけていったのです。今でもマングローブの種によって耐性が異なるので、川をさかのぼるとマングローブの種が変わっていきます。この8kmの間に、マングローブが3種変わり、そのうち見えなくなりますよ」

真水に近くなっていくうちに、左右はアダンという植物の森に変わった。素肌で触れると深い傷になるほど鋭いトゲを持つ、厄介なやつらだ。試される島「西表島」でナーラの滝を目指す

マングローブのメジャーな一種である「オヒルギ」。最も塩に弱いタイプで、上流に生息する。子どもを連れていくと「迫ってくるみたい」と泣き出してしまうこともあるという。

仕事柄、山に入ることが多い僕は、自慢のゴローのトレッキングブーツを持っていったのだけど、ガイドには出発前に「それではダメです。フェルトブーツに履き替えてください」と諫められた。

その意味が、トレッキングルートを歩いているとすぐにわかる。とにかく特殊なルートで、土を踏みしめるというよりも、滑る岩や木の根を越えていく。フェルトブーツはそういうスリッピーな路面に食いつくのだ。試される島「西表島」でナーラの滝を目指す

そもそも、木の根が本州のものとはまったく違う。「板根」と呼ばれる板状の根が、ルートにびっしり生えている。

「木にはできるだけ触らないようにしてください。この島にはヤマンギという毛虫がたくさんいるんですが、こいつらはハブより強力な毒をもっています」

つまり、木は避けていくほうがいい。足の運び方がすごく難しい上に、砂岩の沢をいくつも乗り越えていかなければいけない。試される島「西表島」でナーラの滝を目指す たとえばこちらは、猛毒を持ったヤマンギ(画面中央)だ。見つけられるだろうか、この自然の罠を……。試される島「西表島」でナーラの滝を目指す
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。