体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなトレイラーがあったら! 米国発の「TOPO」が頼もしい

大自然の中で数日過ごすようなアドベンチャーのときは、たくさんの荷物を抱えて移動することになる。寝泊まりに必要なもの、食事に伴うものなどなど。

宿泊地に着いて荷物を広げ、必要なものを使える状態にし、出発前にはしまう。その繰り返しになるわけだが、そうした手間をなくそうと考え出されたのがトレイラー「TOPO」だ。コンパクトながら寝るスペースや調理スペースなどを搭載し、快適に過ごせそうだ。

・実用的なつくり

このトレイラーは米国のスタートアップ「Escapod」が考案した。元々はプロスキーヤーだったカップルが、アドベンチャーを求めてマウンテンバイクで移動していく中で、荷物の扱いや宿泊準備の手間などをもっとも簡単にしたいという“現場のニーズ”から生まれた。

なので、TOPOはかなり実用的。大人2人が寝られるスペースを備え、トレイラー後部は調理スペースになっている。食材は冷蔵庫がわりのクーラーボックスに保管でき、宿泊地についてすぐに食事の支度に取りかかれる。

・星空観察用の窓も

また、快適にアウトドアライフを楽しめる工夫も施されている。たとえば、寝るスペースの頭上には細長い窓があり、ここから星を眺めることができる。

オプションが多数用意されているのもTOPOの魅力で、調理用のプロパンとコンロのセット、日よけ用のルーフトップテント、自転車やカヤックを運ぶためのラック、100ワットの太陽光発電システムなどをつけることも可能だ。

キャンピングカーやトレーラーハウスはたくさんあるが、それらはなかなかのお値段。そうではなく、誰でも求められるものを、というのが開発元の思いで、TOPOのベース価格は1万3800ドル(約150万円)〜となっている。

販売に加え、TOPOはこの夏、米国ユタ州でレンタルサービスも開始するという。

Escapod

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。