体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!
(c)Naoko Kurata

【TABIZINE自由研究部】調べる、考える、まとめる、伝える。

夏休みの自由研究のように、心惹かれることについて、じっくり調べてみる。考えて、試行錯誤し、また考えて、まとめて、発表する。TABIZINEにもそんな場がほしいと思い【TABIZINE自由研究部】を発足しました。部員ライターそれぞれが興味あるテーマについて自由に不定期連載します。

今回は、オランダ在住TABIZINEライター、倉田直子の自由研究「自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!」をお届けいたします。

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!
筆者が子供のころ、カルピスはお中元やお歳暮といった贈り物の定番でした。あの水玉模様のラッピングペーパーに包まれた瓶の中の原液を、水で薄めながら飲むのが子供ながらに楽しかったのを覚えています。

海外で暮らし始めてからはカルピスを飲む機会はほとんど無くなってしまいましたが、なんと家庭でカルピスそっくりドリンクを作れるという情報を目にし、さっそくチャレンジしてみました。その作り方や、アレンジ・スイーツなどをご紹介したいと思います。

モンゴルにルーツを持つカルピス

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!
その「自家製カルピス」の詳細をお話しする前に、まずカルピスの歴史についてお話させてください。実はカルピスのルーツは、モンゴルにあるのだそう。

カルピス株式会社のホームページによると、同社の創業者・三島海雲(みしまかいうん)氏がモンゴルで「現地の人が元気の源として大切にしているすっぱいミルクのような飲みもの」に出合ったことがカルピスの歴史の始まりになりました。モンゴルでの体調不良をその乳製品で直した三島氏は、日本に帰国してから人々の健康のために乳酸菌の入った飲み物を開発したのです。そして1919年に、満を持してカルピスは世の中に送り出されたのだとか。つまり、カルピスは既に100年近い歴史があるのですね!

自家製カルピス原液の作り方

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!
筆者が驚いた「自家製カルピス」の情報が掲載されていたのは、イギリスの大手新聞「ガーディアン」(The Guardian)。イギリスのファストフード・レストランチェーン「Leon」の設立者の一人であるHenry Dimbleby氏が、かつて住んでいた日本で飲んだカルピスの味を懐かしみ、自己流カルピスのレシピを作り上げたそうです。

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!
(c)Naoko Kurata

「ガーディアン」紙のレシピによると、必要な材料はヨーグルト(450グラム)、砂糖(400グラム)、レモン果汁(140ml)、バニラエッセンス(小さじ1)。これは、約20杯分の原液になるそうです。カルピスは乳酸菌を含んでいるので、ヨーグルトを利用するのは納得ですね。

【TABIZINE自由研究部】自家製カルピス風ドリンクを自分で作ろう!
(c)Naoko Kurata

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。