体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルーインパルスの航空無線は絶叫系で迫力満点

ブルーインパルスの航空無線は絶叫系で迫力満点

「ブルーインパルス」とは、言わずと知れた航空自衛隊のアクロバット飛行専門の飛行チームです。所属は宮城県の松島基地。ここから全国の航空祭へ飛来します。ブルーインパルスのアクロバット飛行を支えているのはパイロット間の航空無線。ブルーインパルスの航空無線は絶叫系の編隊長が多くて迫力満点です。

ブルーインパルスの無線連絡は頻繁

ブルーインパルスの使用機体はT-4中等練習機。丸みを帯びたシルエットがイルカをイメージさせることから「ドルフィン」の愛称を持っています。中等練習機というクセのない操縦性と安定性がアクロバット飛行に適しているのです。

ブルーインパルスは、課目と呼ばれる個々のアクロバット飛行を、すべてパイロット間の航空無線によってコントロール。6機の編隊を統率する1番機の編隊長から、タイミングを計る合図が出され、2~6番機がそれに従ってフォーメーションを組み替えます。

アクロバット飛行中は「スモーク」を合図に白煙を出し、「レッツゴー」で各課目を開始。航空無線によるパイロット間の連絡は頻繁です。とくに、ブルーインパルスの編隊長は絶叫系の人が多いので、無線からは臨場感あふれる号令が聞こえてきます。

ブルーインパルスの周波数は1波

また、課目と課目のわずかな時間、航空祭の観覧エリアからは見えない空域で、編隊を整える様子なども受信可能。ブルーインパルスの航空無線は、航空祭の会場となる飛行場に割当てられた管制周波数のいずれかを使います。

しかも、ブルーインパルスがパイロット間で使う航空無線の周波数は1波だけ。GNDにもTWRにも周波数を変えることなく交信します。タキシングから着陸まで、1つの周波数を使い通すのです。

ブルーインパルスの1~4番機がダイヤモンドテイクオフで離陸したらアクロバット飛行の始まり。ブルーインパルスの華麗な飛行を、パイロットと一体になって楽しんで下さい。編隊長の心地良い絶叫は耳から離れないでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。