体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伊佐知美の「取材とエッセイ」を学ぼう!with えいとびたー

伊佐知美の「取材とエッセイ」を学ぼう!with えいとびたー

こんにちは!旅人シェアハウス #えいとびたー の前田塁(右のヒゲ)です。

#えいとびたー には旅を愛する男女5人が住んでいて、家にいないときは世界を旅しながら仕事をしています。メンバーは、1人あたり2,3個の仕事をしているのが特徴で、デザイナー、ライター、エンジニア、フォトグラファー、バイヤーなど、仕事の幅は広いです。

 

せっかく様々なメンバーがいるので、僕たちの持っている技術や経験をシェアしながら、旅と暮らしを両立できる学びの場「えいとびたーの学校」を作りました。学校では持ち回りでえいとびたーメンバーが先生を担当します。

第一弾は灯台もと暮らし創刊編集長の「伊佐 知美」が先生、TABIPPO.NET編集長の「前田 塁」がイベントオーナーを担当します。

 

トークテーマ

・伊佐と前田の旅の話
・ライターという仕事について
・旅とライターでどうやって生きてゆく?
・どうすれば、取材は上手になるの
・エッセイを書いて暮らしたい
・新プロジェクトの発表
・旅の仕事の発注、受注の話 – このトークの内容は、会場限りでお願いいたします!

 

旅人シェアハウス「えいとびたー」とは?

旅人による、旅人のためのシェアハウス「えいとびたー」はみんなが旅を続けていく実験の場。年齢も性別も異なる旅人たちが一つ屋根の下で住むことで、「新しい家族のカタチ」を実現していきます。「えいとびたー」の由来は逆から読んでみてね。次からはメンバーのプロフィールを紹介します!

 

伊佐知美 / 「灯台もと暮らし」創刊編集長・今回の先生

伊佐知美

photo by @ryopg8

1986年、新潟県生まれ。旅する『灯台もと暮らし』編集長、ライター、フォトグラファー。横浜市立大学卒、三井住友VISAカード、講談社勤務を経て現職。2016年4月から会社員のまま「世界一周×仕事」の旅に出発。

これまで40カ国100都市、47都道府県を旅する。著書『移住女子』(新潮社)、オンラインサロン「#旅と写真と文章と」オーナー、ことりっぷ「伊佐知美の世界一周さんぽ」連載中です。

 

前田塁 / 「TABIPPO.NET」編集長・イベントオーナー

前田塁

photo by @ryopg8

1987年、大阪府生まれの三重県育ち。株式会社TABIPPOでWebメディア「TABIPPO.NET」の運用と開発が得意な賢者型編集長やってます。慶應義塾大学卒、ニューヨーク交換留学、大阪ガス、オプト勤務を経てTABIPPOを創業しました。

41ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。最近はWebメディアの仕事以外にも、コンサルやったり、ラジオのパーソナリティーしてますが、次の夢は宇宙飛行士です。

 

稲沼 竣 / 「IMAGINAL」代表・司会

稲沼 竣

photo by @ryopg8

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。