体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「九州よかとこ!」と思わず唸った絶景26選

こんにちは、TABIPPOのるいすです。世界一周してきたのに、日本は全然行けてない!ということで、オンラインですが九州の素敵な場所を旅してきました。キャンピングカーでまったり回ってみたいな、九州。

*編集部追記
2015年1月の記事に7ヶ所を追記しました
2016年8月の記事に2ヶ所を追記しました
2016年8月の記事に8ヶ所を追記しました。(2018/05/12)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

河内藤園 / 福岡県

河内藤園

Photo by pixta

海外サイトでも取り上げられることの多い河内藤園の「藤棚と藤の花のトンネル」目でも楽しめますが、香りもすごくいいそうです。ちなみに、シーズンはゴールデンウィーク頃(4月下旬~5月上旬)になります。行ってみたい…!!


■詳細情報
・名称:河内藤園
・住所:福岡県北九州市八幡東区河内2丁目2-48
・アクセス:八幡駅からバスで10分
・営業時間:4月中旬~5月中旬(藤)8時~18時、11月中旬~12月初旬(もみじ)、9時~17時
・定休日:期間中はなし
・電話番号:093-652-0334
・料金:咲き始め、咲き終わり 500円、中間 1,000円、見ごろ1,500円、高校生以下 無料
・公式サイトURL:http://kawachi-fujien.com/

 

能古島 / 福岡県

pixta_19903836_M

photo by pixta

季節の花や海などが美しく、島内ではさまざまな絶景に出会えます。また、7世紀前後につくられたとされる「早田古墳群」、江戸時代の鹿の狩猟場のなごりの「鹿垣」や、万葉集に島で詠んだと思われる歌が残され、奈良時代には国を守る「防人」が置かれるなど歴史もあります。

島の観光名所である「のこのしまアイランドパーク」は福岡の花の名所とされていて、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は水仙など、四季折々の花を楽しむことができます。

福岡市内から日帰りで遊びに行けるアクセスの良いスポットとして地元民からも人気なようです。夏は海水浴場やキャンプ場もあるので家族連れや友達同士など大人数で行くと楽しそうです。


■詳細情報
・名称:能古島
・住所:福岡県福岡市西区
・アクセス:福岡市姪浜の能古渡船場からフェリーで約10分

 

稲積水中鍾乳洞 / 大分県

稲積水中鍾乳洞

photo by pixta

30万年前の阿蘇大噴火によって形成された鍾乳洞です。洞内はふたつの経路に分かれており、新生洞と水中洞、合わせて約600メートルの道中には約30箇所もの見所が。なかでも、水中洞の洞口は、別名・虹の滝と呼ばれており、水中洞から白川山へ流出する地下水がつくる滝のなかに虹が浮かび上がります。

稲積水中鍾乳洞の施設内には、鍾乳洞資料館の他にも、昭和を体感できるとして人気の昭和のタイムトリップ ロマン座やなつかし昭和オモチャ館、白ヘビを観察できる白蛇堂、開世美術館などがあります。いずれも見ごたえのある施設となっているので、是非そちらにも足を運んでください。


■詳細情報
・名称:稲積水中鍾乳洞
・住所:大分県豊後大野市三重町中津留300番地
・アクセス:豊肥本線「三重町駅」下車、三重町駅からタクシーで約20分
・営業時間:9時~17時
・定休日:なし
・電話番号:0974-26-2468
・料金:大人1,200円、大学生1,000円、中高生800円、4歳~小学生600円
・公式サイトURL:http://www.inazumi.com/

 

田染荘夕景 / 大分県

田染荘夕景
1 2 3 4 5 6 7次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。