体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子ひとり旅で東京を楽しもう!訪れておきたいスポットまとめ

女子ひとり旅で東京を楽しもう!訪れておきたいスポットまとめ

突然ですが、一人で旅をしたことがありますか?ぜひ、ひとり旅を経験することをおすすめしたいと思います!もちろん極力危険を避けるよう注意することは大切ですが、旅そのものに集中できたひとりで過ごした時間は、年齢を重ねても色あせない大切な思い出になってくれます。

この記事では、ひとり旅の女性が東京でぜひ訪れておきたい名所・スポットについてピックアップしてみました。そして、旅の予算の余裕に合わせて選べるように、お金のかからないスポットもたくさんご紹介しています!

せっかく誰にも遠慮せず、自分の好きなところに行けるひとり旅の東京、精一杯楽しんでくださいね。

 

予算があるならここ!「東京スカイツリー」

photo by pixta

高さ634mの東京スカイツリーに登ってみたい!と考える人は多いのではないでしょうか?最上階の展望ルーム「東京スカイツリー天望回廊」はその高さ450m!晴れた日なら富士山も眺めることができます。

注意しておきたいのが入場チケット購入についてです。チケットには「日付指定券」「事前日時指定券」「当日入場券」の3種類があり、一番安く購入できるのは「当日入場券(2017年~2060円)」。ですが、登りたい時間に入場できるとは限らず、指定された集合時間にのみ入場が許可されます。混雑する週末には、夜間以外の時間が選択できないことも。東京スカイツリー展望回廊は別料金で「1030円」かかります。

おすすめなのはちょっと早起きして朝の東京の風景を一望すること!8:00~9:30までと時間指定はありますが、日時指定券が「天望デッキ」「天望回廊」のセット料金で3,000円で購入できますよ!

まずは東京を一望して、これからあの場所に行ってみようと考えるのも楽しいですね。
■詳細情報
・名称:東京スカイツリー
・住所:東京都墨田区押上1丁目1-2
・アクセス:○○市営バス:バス停「○○」下車徒歩約○分 /JR○○駅から徒歩○分
・営業時間:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」または半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」直通
・電話番号:0570-55-0634
・料金:詳細はHPをご覧ください
・公式サイトURL:http://www.tokyo-skytree.jp/

 

旅費は節約したいけれど東京を一望したい!「東京都庁展望室」

photo by pixta

東京都庁舎は、予約不要で自由に見学することが出来、もちろん無料です。第一本庁舎1階から展望室専用エレベータに乗って45階まで登ると、南展望室と北展望室に分かれていて、それぞれの方向に向かって地上202mの高さから東京の街を眼下に見下ろすことが出来ます。

そして、南展望室、北展望室それぞれにきれいなカフェがあり、パスタ・カレーなどの軽食やドリンクをオーダーすることが可能です。

 

年末年始他、入場できない日を除き、9時30分~23時(入室締切22時30分)まで入ることが出来るので、夜景を見ることもちろん楽しめますよ。なお、都庁舎には、おしゃれな障害者福祉施設の自主製品のショップ「KURUMIRU」や、東京の伝統工芸品や特産品等のショップ「TOKYO地域特産品売店」があります。お土産調達にもいいですね!
■詳細情報
・名称:東京都庁舎
・住所:東京都新宿区西新宿2-8-1
・アクセス:JR「新宿駅」西口下車 徒歩約10分、都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」直通
・営業時間:9時30分~23時(入室締切22時30分)
・定休日:南展望室 第1及び第3火曜日・北展望室 第2及び第4月曜日
※祝日に重なる場合は開室し、その翌日を休室とします。
※年末年始(12月29日~31日、1月2日及び3日)及び平成29年5月20日(土)の都庁舎点検日は両展望室とも休室
・電話番号:03-5320-7890(平日10時~17時)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/tenbou/

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。