体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人シェアハウス #えいとびたー による連載がはじまります!のお知らせ

旅人シェアハウス #えいとびたー による連載がはじまります!のお知らせ

旅人たちのシェアハウス #えいとびたー がスタートして早3ヶ月、TABIPPO編集長で#えいとびたー住人のルイス前田です。今回は、#えいとびたーによるTABIPPO.NETとハフポストでの連載が始まるお知らせです。

2018年5月から月4記事を目安に、えいとびたー住人たちが月ごとに同じテーマについて、それぞれの経験から執筆します。5月のテーマは…

 

ベトナム!

えいとびたーの連載
えいとびたーの連載、5月のテーマは「ベトナム」です。実は、ライター&バイヤーの古性のちと、移動する同棲生活の稲沼竣・前田麻衣ペアが3月〜4月にベトナムを訪れていました。残る伊佐知美と僕も、世界一周の際にベトナムを訪問しています。

旅のスタイルや目的が違うので、あえて「ベトナム」以外のテーマや文体、書き方の縛りなどを設けずに、メンバーそれぞれのベトナムを記事にします。

記事は順次公開予定ですので、えいとびたーメンバーの自己紹介も兼ねて、2つの質問を聞いてみました。

・なぜ、えいとびたーに住むことにしたのか
・これから、えいとびたーでどんな旅をしたいか

 

稲沼 竣・前田 麻衣カップルに聞いてみた

旅人シェアハウス #えいとびたー による連載がはじまります!のお知らせ

稲沼竣

世界初日本初しかやらない会社IMAGINALの脳内アーティスト(代表) 世界初日本初のデザイン作ったり教えたり、世界初日本初を紹介する情報メディア“HATSUMEDIA”運営をしています。

旅人シェアハウス #えいとびたー による連載がはじまります!のお知らせ

前田麻衣

交際6年の相方(@shuninanuma )と移動しながら同棲中。フリーライター。元旅行代理店OL。愛する旅をしながら、ananwebやHATSUMEDIAなどで執筆しています。

なぜ、えいとびたーを始めたの?

「カップルってどこに住めばベストなんだろう?」わたしたち前田と稲沼は、同棲を始めるときにふいに疑問を持ちました。その疑問を解決すべく、移動する同棲生活を始めて1年が経ったころ。わたしたちカップルはあるひとつの答えを見つけました。それは「ベストプレイスは自分で作るもので、立地ではなく人なのだ」と。

福岡・大阪など全国をぐるぐるとまわった私たちは、人が集まり地元である東京にしようとなり帰省。そんなときに伊佐さんから「一緒に住まない?」とのお誘いが。(正直タイミングが良すぎて逆に不安だったのは秘密です)

5人みんなが旅人で、自分の家を持っていない人たち。家に関しての考え方が似ているなと感じたのほかにもうひとつ。わたしたちは家を持っても旅を終わらせるつもりはないという共通点。むしろ旅を続けるための拠点という考えが一致してからの入居へのスピード感はめまぐるしかったです。

 

これから、えいとびたーでどんな旅をしたい?

これについては、わたし前田と稲沼それぞれで述べたいと思います!

前田:5人はもちろんだけど、2人と3人にわかれて旅してみる。

5人で行く家族旅行ももちろんしたい。みんなでわいわいしたいし!でも、2人と3人に別れて旅してみるのも面白いのかとな思いました。

少人数になるからこそ、その人の旅の特徴だったり、思考がよりわかるのも楽しいなぁって。一緒に旅をする人によって風景の見方も変わるのかなって思います。それぞれが色のあるえいとびたーだから楽しそう!

 

稲沼:みんなが好きな国の中からひとつ選んで行く

えいとびたーは多くの世界を旅している人たち。今までで一番良かった国に行きそこを案内してもらう!近くのお店でもなく、国内でもなく、一番好きな国。

なぜそこが良いのか、そこで何をしたのか、改めてそこで何をしたいかなどなど!えいとびたーだけでなく他の人も参加できるツアーにしても面白いかも!住んでる家がすっからかんになるのでその時期だけ住む人募集して、旅の期間は全く違うメンバーによるシェアハウスができるのも面白いかもですね!

 

古性のちに聞いてみた

旅人シェアハウス #えいとびたー による連載がはじまります!のお知らせ

古性のち

1989年生まれの28歳。 webライター。美容師からITの世界へ転職。株式会社LIGを退職後、2016年8月よりフリーランスとして独立。「世の中に旅を仕事にするひとを増やしたい」をコンセプトに、合同会社「旅、ときどき仕事」を運営。

なぜ、えいとびたーを始めたの?

同じような生き方をしている仲間たちと集まったら、何かワクワクが起こるような気がしたからです。

世界一周から帰国後「この先も海外半分、日本半分くらいの温度感で生きていきたい」と考えたときに、物件を借りることに抵抗がありました。金銭的な面もそうだし、なんだか家を持ってしまうと、自由が制限されてしまうような気がしたんです。

だけれど、やはり拠点となる場所は欲しい。「どうしようかな〜」と迷っていたときに、現在一緒に同居している伊佐 知美と、airbnbで東京で物件のシェアをしてみたんです。その頃、伊佐も2年間家がなし生活を送っていて。

同じような価値観の、同じようなライフスタイルのふたり暮らしは予想以上に楽しくて!「こんなシェア生活なら、自由に旅を続けながら実践できるかもしれない!」と思い、きちんと家を借りることにしました。そこに3人も仲間が加わってくれて、5人の「えいとびたー」が出来上がった感じです。

 

これから、えいとびたーでどんな旅をしたい?

同じ国の、違う都市からスタートするゲームみたいな旅をしたい!例えば「1ヶ月間インド」みたいな制限を設けて、バラバラの都市から同じ日に、よーいどん!で旅をはじめるんです。「今ここにいるよ〜」の連絡は禁止にして、偶然ばったりどこかで出会ったり、相手のSNS情報を見て「めっちゃ面白そうなところにいるなあ。行ってみよう」とその場所に行ってみたり。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。