体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無糖炭酸ブームの火付け役がさらにビリビリにパワーアップした『ウィルキンソン タンサン ドライ』を投入したのだが…!

ペットボトルで販売される炭酸水は、ガラス瓶で提供されるスパークリングウォーターと中身はほぼ同じなのに、あくまでアルコールの割材として存在していた。その流れを変えたのが500mlペットボトルで2011年に登場した「ウィルキンソン タンサン」。無糖炭酸ブームの火付け役となる。そんな元祖がさらにハードな『ウィルキンソン タンサン ドライ』を生み出した。

もともと”刺激、強め。”の「ウィルキンソン タンサン」がさらにドライになってパワーアップしたが……、あれ!?

「ウィルキンソン」ブランドは20代男性ユーザーを核に10年間、炭酸水販売数量トップに君臨し続けるタンサンの代名詞。通常よりも刺激の強い強炭酸が持ち味だが、近年の無糖炭酸ブームで、強炭酸製品が一気に増えた昨今、元祖の意地をかけるようにアサヒ飲料『ウィルキンソン タンサン ドライ』(500mlPET・希望小売価格 税抜95円・2018年4月10日発売)

こうしたカタカナで書くタンサンは、天然水に炭酸を注入して出来上がったものが大半。「ペリエ」「サンペレグリノ」などのナチュラルスパークリングウォーターは、湧いたときから炭酸を含んでいるが、タンサンは天然水に後から炭酸を添加しているのが特徴だ。

 

そうなると圧倒的にナチュラル炭酸水の方が良い気がするが、その場合は通常無殺菌で提供されるので、それなりのリスクがある。だから各社フィルターなどを工夫して殺菌した天然水に炭酸を入れるというのは、それなりに理にかなった安全な方法である。「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」(コカ・コーラシステム)のように、炭酸ガスをフィルターに通すろ過方式をとる荒技系も飛び出した。

 

 

さらに無糖炭酸ブームの極め付けは、自力でガスを注入するソーダマシン「ソーダストリーム」の流行にも繋がった。これは自分で炭酸の強度を調整できるという特徴がある。

 

 

 

手軽な炭酸ペットボトルでもギリギリの刺激が欲しいという人のために!

ただソーダマシンは出先で活躍させにくいのも事実。やはりコンビニの棚や自販機で気軽に買えるものも大切だ。そこで『ウィルキンソン タンサン ドライ』である。無糖で炭酸水ならあまり味に変わりはないだろうと思うかもしれないが、ごくわずかな酸味や炭酸の弾けぶり、ミネラルの味わいとかすかな甘みなど、じっくり飲むと各社全然違うのが楽しい。

 

それでは『ウィルキンソン タンサン ドライ』を飲んでみよう。炭酸は強炭酸にしようと思ってもペットボトルの限界がある。缶飲料の缶のようには密閉できないのがペット素材。炭酸を強くしても、分子の隙間から逃れ出てしまうのが問題だった。

ところがペットボトル技術も進化して、炭酸をほぼ閉じ込めることができるように改良されたのが昨今。そんな中でさらにボトルを切り子細工のような刻みを入れて(氷を砕いたデザインだそう)発売となったのが『ウィルキンソン タンサン ドライ』。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。