体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

収益目的で本業以外のビジネスも立ち上げた結果、本来の起業目的を見失い倒産寸前に~株式会社おかん代表取締役CEO 沢木恵太さん【20代の不格好経験】

収益目的で本業以外のビジネスも立ち上げた結果、本来の起業目的を見失い倒産寸前に~株式会社おかん代表取締役CEO 沢木恵太さん【20代の不格好経験】

今、ビジネスシーンで輝いている20代、30代のリーダーたち。そんな彼らにも、大きな失敗をして苦しんだり、壁にぶつかってもがいたりした経験があり、それらを乗り越えたからこそ、今のキャリアがあるのです。この連載記事は、彼らの「失敗談」をリレー形式でご紹介。どんな失敗経験が、どのような糧になったのか、インタビューします。

リレー第27回:株式会社おかん 代表取締役CEO 沢木恵太さん

株式会社Emotion Tech代表取締役 今西良光さんよりご紹介)

1985年生まれ。中央大学商学部卒業後、コンサルティング会社に就職し、主に新規事業開発に携わる。その後、Web開発会社、教育系ベンチャーを経験。2012年12月に株式会社CHISAN(現おかん)を立ち上げ、個人向けお惣菜定期仕送りサービスを開始。2014年に法人向け事業「オフィスおかん」をスタート。

▲健康的で安心・安全なお惣菜をオフィスに常備するという法人向けサービス「オフィスおかん」。 インスタント食品やお菓子中心のオフィスでの食生活を改善する「新しい社食の姿」として注目されているほか、ワーキングマザーからは「持ち帰ることで夕食作り、お弁当作りの負担が軽減できる」と支持されている。「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「女性の育休復帰率向上」「アルバイトの応募数向上」など、食のサポートだけにとどまらず利用されており、2014年のサービス開始以来導入企業は右肩上がり。現在ではオフィスだけでなく、クリニックや美容院、また、商業施設や工場など約1000社が導入している。

起業後10カ月で、会社預金も家計も「残高数万円」という危機的状況に

当社は、個人向け惣菜宅配サービスからスタートし、現在は食をきっかけに従業員の抱える課題を解決する「オフィスおかん」をメインに事業展開しています。

現在、約1000社以上の企業に導入いただいていますが、ビジネスが軌道に乗るまでは時間がかかりましたね。会社を立ち上げて10カ月目には、会社の預金残高も、家計の残高も10万円を切る…という状態に追い込まれてしまいました。当時、すでに結婚していて、子どもも2人。妻は出産直後で共働きもできなかったので、「このままでは来月には食べられなくなる」という危機的状況でした。

なぜこのような状況に陥り、どのように軌道に乗せたのか。自身のキャリアを振り返りつつご説明したいと思います。

元同僚との出会いでビジネスアイディアがひらめき、27歳で起業

学生時代から、いつかは起業したいと思っていました。

就活するまで「社会人」になるイメージが持てず、就活するにあたり、始めて「社会人とは何だろう?」と真剣に考えました。

まず、「社会人」を「社会に貢献する人である」と捉えてみました。多くの人に影響を与える仕組みを作ることで社会に貢献したいと考えるようになり、新規事業のビジネスモデルを学ぶためにコンサルティング会社に就職しました。

その後、仕組みを作るうえではITやWebの知識が必要だと考え、Web開発会社に転職してソーシャルゲームのプロデューサーを経験。希望通りのスキルは身に付きましたが、ゲームという非日常の領域ではなく、日常領域で仕組みを作り、人々の生活を豊かにしたいという思いに気づき、「日常領域であり、かつスタートアップが体感できる」教育系ベンチャーの立ち上げに参画。ここで会社の運営や新規事業の立ち上げなどを経験し、30歳までには起業したいと思っていました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。