体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帰ってきた「デザインあ展」! 富山県美術館で会期わずか

design-a-toyama_001

作品も一新、体験&参加型の展覧会

2018年5月20日(日)まで、富山県富山市の「富山県美術館」にて「デザインあ展 in TOYAMA」が開催されています。

「デザインあ」はNHK Eテレによる子どもたちのデザインマインドを育む番組。「見た目の良さといった表面的なことではなく、見立てをして、意図を持ち、計画と試行錯誤によってより良い状況を作り出すことがデザインである」と多彩な映像を使って伝えてきました。

そんなデザインマインドを、実際に見て体験できるのが本展。2013年、東京で初めて開催された際には22万人を動員しました。今回は当時の内容から一新し、身の回りの物事から目には見えない概念まで踏み込んだ展示となっています。

子どもたちが楽しみながら「見る」「考える」「つくる」ことの豊かさを学べる「デザインあ展」。テレビを飛び出し、より刺激的になった「デザインあ」をぜひ体験してみてください。

デザインあ展 in TOYAMA

会期:2018年3月21日(水)~5月20日(日) 9:30~18:00(入館~17:30)

※水曜休館(5月16日)

会場:富山県美術館 2階 展示室 2、3、4

料金:一般1300円、大学生950円、高校生以下無料

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

76組のクラフト作家が参加「フィールド オブ クラフト 倉敷2018」が開催
柳宗理が戦後初デザインしたものは?「柳宗理と松村硬質陶器展 」展、開催中
大阪の人気店「dieci」のポップアップショップが自由が丘に登場

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。