体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【賃貸DIY】ステンドグラス風ボトルライトを手作り!自分好みの照明を部屋に取り入れよう

空き瓶をおしゃれにアレンジ!「ステンドグラス風ボトルライト」を作ろう

自分好みの間接照明がなかなか見つからない……なんてことはないだろうか? もし見つかったとしてもなかなか値が張る……なんてことも。そんな時はDIYで自分好みのものを作ってしまおう!

今回紹介するのは、空き瓶に自分でアートを施して作るステンドグラス風のボトルライト。

ガラスにペイントしてステンドグラスの風合いにできる絵の具は、なんと100円ショップで購入可能!絵に自信がない人でも気軽に挑戦できるので大丈夫。お気に入りのイラストを準備して、部屋におしゃれで男前な照明を取り入れよう。

材料となる空き瓶は透明なものの方が絵の具の色が映え、口が広い方がLEDを入れやすく下絵の紙も取り出しやすい。空き瓶に施すイラストも下絵があれば簡単にペイントできる!|【賃貸DIY】ステンドグラス風ボトルライトを手作り!自分好みの照明を部屋に取り入れよう

空き瓶に施すイラストも下絵があれば簡単にペイントできる!用意するもの

下絵
フタ付きガラス容器(空き瓶)
LEDライトチェーン
ガラス絵の具50ml 8色
つまようじ
タオル
試し描き用の紙
マスキングテープ下絵、フタ付きガラス容器(空き瓶)、LEDライトチェーン、ガラス絵の具、つまようじなどを使ってステンドグラス風ボトルライトを作ろう!|【賃貸DIY】ステンドグラス風ボトルライトを手作り!自分好みの照明を部屋に取り入れよう

下絵、フタ付きガラス容器(空き瓶)、LEDライトチェーン、ガラス絵の具、つまようじなどを使ってステンドグラス風ボトルライトを作ろう!下準備

瓶にラベルが付いているものはあらかじめ水に浸すなどして剥がしておく。絵の具が乾くまで時間がかかるので、作業しやすい場所を確保し汚れてもいい服装で。時間に余裕を持って作業しよう。作り方①.下絵を準備する

プリントや手書きで好きな絵柄を準備(あまり細かい絵柄だと難しいので要注意)。紙は横に長めに切っておくと瓶の中でうまく広がる。ペイントしたい絵柄をコピーして用意。ビンに合わせて紙をカットしておこう|【賃貸DIY】ステンドグラス風ボトルライトを手作り!自分好みの照明を部屋に取り入れよう

ペイントしたい絵柄をコピーして用意。ビンに合わせて紙をカットしておこう②.下絵を瓶の中に入れて固定

カットした下絵の紙を丸めて瓶の中へ入れ、ずれないようにマスキングテープで留める。今回使用したのはA4のコピー用紙。下絵を固定する。瓶の形を見ながら、どこを正面にするのか決めよう|【賃貸DIY】ステンドグラス風ボトルライトを手作り!自分好みの照明を部屋に取り入れよう

下絵を固定する。瓶の形を見ながら、どこを正面にするのか決めよう③.黒線で縁絵を描く

ガラス絵の具の黒で縁絵を描く。細いチューブの先端からゆっくり絞り出す感じで。手加減にコツがいるので別紙で練習しておこう。今回は黒線でアウトラインを描いていく。間違ってしまった時は、簡単に拭き取ることができるので安心!|【賃貸DIY】ステンドグラス風ボトルライトを手作り!自分好みの照明を部屋に取り入れよう

今回は黒線でアウトラインを描いていく。間違ってしまった時は、簡単に拭き取ることができるので安心!④.縁絵が完成したら乾かす

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。