体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

久々の一人外出でストレス発散のはずが…!? 家のことが気になって仕方ない!

f:id:akasuguope01:20180316151443j:plain

3人目も1歳を過ぎ、まだ卒乳はしていないものの、何でもパクパク食べられるようになりました。産まれてからほぼ私とべったりで、離れたこともない末娘ですが、そろそろ数時間ならパパに預けて私一人でお出かけもできるかな、と思っていた矢先です。

10年来のママ友からの飲みのお誘いがありました。飲み会なんて、妊娠してからほぼ2年行っていません。メンバーは気心の知れたママ友ばかり。とても行きたいのですが、主人が良い顔をしない気がして、言い出せずにいました。

返事の期限もあり、後日友達から出欠確認の連絡がきました。「なんかちょっと旦那に言いづらくて…」と正直に言うと、「ママがストレス発散してニコニコしてるほうが、絶対家族にとっていいことだよ。数時間くらい大丈夫でしょ!旦那さんだって父親でしょ。たまには羽を伸ばそうよ!」と背中を押してくれました。

主人はどちらかというと優しく、あまり細かいことは言わないタイプではありますが、普段子供と接する時間がほとんどないので、子どもの「世話」を上手にできません。特に、末娘は産まれて1年経ちましたが、多分おむつを替えたことは数回しかありません。

言いづらいなぁ。でも、飲み会には行きたいのでお願いしてみようと、意を決して話を切り出すと、意外にも二つ返事でOKでした。子供達の世話は大丈夫だよと言ってもらえ、本当に嬉しく、飲み会の日が待ち遠しくてたまりませんでした。 関連記事:はじめてのひとり時間は、そわそわしっぱなし! by チッチママ

飲み会当日。夕飯の支度、お風呂の準備や着替えの支度等できることは全て終え、いざ出発の時間です。主人から「電話かけるかもしれないから、手元に置いといてね」と言われました。主人にしてみたら、何気ない一言だったのかもしれません。言われなくても、携帯は常に手元に置いておくつもりでした。でも、それわざわざ言わなくても良くない?と思ってしまいました。

久しぶりに子どもが側にいないお出かけです。とても自由で楽しい時間なのですが、やっぱり家のことが気になります。時間が経つにつれ、電話をチェックする頻度が増えていきます。一緒に行ったママ友達は、みな子供もそこそこ大きくなっているので、家や子供のことは気にしていない様子。

お店を出る予定の時間は過ぎたのですが、誰も帰る気配がありません。子ども達は眠れたかな?末娘の寝ぐずりに主人が手こずってないかな?とっても気になりますが、先に帰ると言いづらい雰囲気。

どうしよう……と思っているところに、私の携帯に着信が。主人からです。電話に出ると、いつにもなく怒った様子です。どうやら、姉兄達は「ママまだ帰ってこないの?」となかなか寝ようとせず、末娘の機嫌もどんどん悪くなり、いくら待っても帰ってこない私に業を煮やしたようでした。

さすがに電話まで掛けてこられたので、友達には事情を説明し、私は一人先に帰ることに。帰り道、ストレス発散しに飲み会に来たのに、なんでこんな嫌な気持ちになって帰らなきゃならないんだ?結局またストレス溜まった気がする。でも、遅くなってるのに連絡入れなかった私も悪かったな。などと頭の中でぐるぐる考えながら歩きました。

家に着くと、子ども達の相手に疲れ切ってしまった様子の主人が私の帰りを待っていました。私にとってはこれが日常なんです!と言いたい気持ちもありましたが、慣れないことを頑張ってくれた主人のお陰で私も楽しい時間が過ごせたんだと思い直し、ありがとうと伝えると主人の気持ちも落ち着いたようでした。

次の一人外出は、主人にも子ども達にも気を配って、ほどほどにしよう。そう思う出来事でした。 関連記事:赤ちゃんとの生活は幸せなはずなのに…。初めてのひとり外出で、夫婦が気付けた大切なこと by グラハム子

f:id:akasuguope01:20180316151051j:plain

著者:Nana.e

年齢:40歳

子どもの年齢:10歳、7歳、1歳1ヶ月

10歳の娘、7歳の息子、1歳の娘を育てる3児の母です。実家は遠く、主人の帰りも毎日遅いので、実質ワンオペ育児中です。年の離れた末娘はこの上なく可愛くてみんなを癒してくれるのですが、それでも育児は疲れます。自分の体力の低下もひしひしと感じます。でも、子育てこの先長いです。腹をくくって、ささやかなご褒美を自分に与えながら頑張る日々です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビで見た「ママ友カースト」に怯えていたあの頃。公園デビューの結果は…!? by トキヒロ
コミュ力ゼロだけど、とうとう一歩踏み…出した? 初ママ友の顛末 by トキヒロ
些細な一言がモヤっとの原因に! 『余計なことは言わない』がママ友関係を円満にする秘訣 by グラハム子

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。