体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一気にトップ3入りを果たしたのは、あの歌姫! 新アルバムのリリースも決定

一気にトップ3入りを果たしたのは、あの歌姫! 新アルバムのリリースも決定
J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールスデータをもとにポイントを計算。今、東京で最もヒットしている曲や、リリース前の未来のヒット曲、全100曲をカウントダウン! 5月6日(日)のオンエアで発表されたトップ10をご紹介します。

■5月6日付チャート

1位:Calvin Harris & Dua Lipa『One Kiss』
2位:あいみょん『満月の夜なら』
3位:Ariana Grande『No Tears Left To Cry』
4位:Official髭男dism『ノーダウト』
5位:TWICE『What is Love?』
6位:宇多田ヒカル『Play A Love Song』
7位:David Guetta & Sia『Flames』
8位:ZAYN『Let Me』
9位:Mrs. GREEN APPLE『PARTY』
10位:Austin Mahone『So Good』

1位:Calvin Harris & Dua Lipa『One Kiss』

OneKiss.jpg

見事2連覇を達成しました! 先日公開されたMVは、もうチェックしましたか? クリスはそのイメージを「万華鏡イビザ」と表現。Dua Lipaは、5月8日(火)にお台場・Zepp 東京にて、初の単独来日公演を行いました。

2位:あいみょん『満月の夜なら』

Aimyon.jpg

オンエアポイントに加えてシングルセールスポイントも加算、先週8位からトップ3入りを果たしました。あいみょんさんは、先日行われた『J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S YOSHIKI MIZUNO EDITION』で大トリを務めました。アンコールでは、オーガナイザー・水野良樹さん(いきものがかり)と、松任谷由実さんの『翳りゆく部屋』を一緒に歌いました。水野さんが歌うのは珍しいことだそうです。

3位:Ariana Grande『No Tears Left To Cry』

arianagrande_NoTearsLeftToCry.jpg

オンエアポイントを稼いで先週27位の初登場から一気にトップ3に入りました。Arianaは先日、アメリカのテレビ番組に出演し、7月20日(金)にニューアルバム『Sweetener』をリリースすることを発表しました。Pharrell WilliamsやMax Martinが参加します。

4位:Official髭男dism『ノーダウト』

ファースト・フルアルバム『エスカパレード』のセールスが落ち着き、ワンランクダウン。Official髭男dismは、『J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S YOSHIKI MIZUNO EDITION』に出演し、この曲を1曲目に披露。非常に盛り上がりました。藤原 聡さん(Vo)はTwitterで、「サイコーに楽しかった! いつまででも歌っていたかった!」と感想をツイートしました。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。