体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あしかがフラワーパークで世界一美しい藤を撮影する #お写んぽ #カメラ旅

あしかがフラワーパークで世界一美しい藤を撮影する #お写んぽ #カメラ旅

あしかがフラワーパークの藤の花は見た? あれは一度は見るべき絶景だよ」

こんなことを、よく一緒に写真を撮りにいっている友達に言われました。
美しいものとおいしいものをいかにたくさん堪能するかが人生のテーマである私。さっそく行ってきました。

どん!!
一度は見られてよかった藤の花

一度は見られてよかった藤の花

自己紹介が遅れました。Photoliというメディアで写真の楽しさを広めながら、自分自身が一番写真を楽しんでいる横尾 涼と申します。

今回はあしかがフラワーパークの藤をいい感じに撮影する、とっておきの方法を紹介します!

あしかがフラワーパークで大藤を撮影!

やってきました。あしかがフラワーパーク。
JR東京駅から東北新幹線に乗り、約40分でJR小山駅へ。そこからJR両毛線に乗り換えて約35分で、2018年4月1日に開業したばかりの「あしかがフラワーパーク駅」に到着。電車でのアクセスもさらに便利になりました。

入り口近くでは、たくさんのお花が売られています。
あしかがフラワーパーク 花うりば

たくさんの種類のお花が売られています

あしかがフラワーパークは1月上旬の冬咲きボタンや寒紅梅から、11月下旬のアメジストセージや熱帯性スイレンまで、年間を通して四季折々の花が楽しめるスポット。
なかでも4月中旬から5月中旬に見頃を迎える350本以上もの藤は「世界一美しい」といわれています。

紫の花のイメージが強い藤ですが、園内にはたくさんの種類の藤があります!
真っ白の白藤や、丈が長く大きく垂れ下がっている大長藤、うす紅藤など。
一度に何種類もの藤が楽しめるのも魅力です。

園内マップを片手に奥に進んでいくと、見えてきました、大藤。
樹齢150年、600畳敷き(約1,000㎡)の藤棚を持つ、園のシンボルです。

大藤は、ひとつの大きな藤の木から広がっているそう 大藤は、ひとつの大きな藤の木から広がっているそう 大きく垂れ下がった花がきれいでした

大きく垂れ下がった花がきれいでした

スマートフォンでさくっと撮ってもきれいな藤ですが、より素敵な写真を撮るポイントを3つご紹介します!

その1・ぼかしてみる

藤の花は遠くから見ると、連なった小さな花が光を反射してキラキラしています。
写真に収めたときに、ピントが合ってない部分をボケといいますが、
キラキラした光を反射した部分をぼかしてみると、きれいなまん丸になります!
藤の花で試すと、こんな感じに……。
藤の花と玉ボケがとてもきれい

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。