体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Audi、2025年に80万台のEVとプラグインハイブリッド販売を目標

ドイツ大手自動車メーカーAudiは、現在開発を進める電気自動車(EV)とプラグインハイブリッドを2025年に80万台販売することを目指す。

このほど開かれた年次株主総会で取締役会が同社の最新企業戦略「Audi.Vorsprung.2025」を提示し、その中で明らかにした。

・今年初EV投入

同戦略によると、Audiは2025年までに全てのモデルラインナップを電動化する。今後のスケジュールとしては、まずは年内に初EV となる「e-tron」を発売する。

こちらは蓄電容量が95kWhあり、航続距離は400キロ以上。最大150 kWhでの急速充電に対応しているので、充電時間を30分未満にすることが可能だ。

・400億ユーロ投資

さらに、2019年には「e-tron Sportback」、2020年には「e-tron GT」が登場。同年にはまた、プレミアムコンパクトセグメントにもEVを投入するなど、次々に新EVが発表されることになる。

当然のことながら、これには研究・開発が伴い、この分野への2025年までの投資額は400億ユーロ(約5兆2000億円)にのぼるとのこと。

一方で、同社はBMWやダイムラーと共同で充電ステーション会社「IONITY」を設立し、充電環境の整備にも力を入れている。

2025年というと7年後だが、自動車メーカーが本腰を入れることで今後ガソリン車とEVの割合は大きく変わることになりそうだ。

Audi

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。