体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョコミント味のチョコチップクッキーアイスみたいなクッキー?『Withチョコカントリーマアム(超チョコミント)MP』

お菓子ファンにとっての夏の風物詩として欠かせないのが、チョコミント味。日本初は「サーティーワンアイスクリーム(バスキン・ロビンス)」の1フレーバーで、1974年当時は歯磨き粉の味がする、いや美味いと激論が交わされたもの。そんな中、クッキーでチョコミントを再現したのが『Withチョコカントリーマアム(超チョコミント)MP』だ。

冷蔵庫で冷やしてから食べるとスースー感が不思議なひんやりチョコクッキーの味。もちろん歯磨き粉の味ではない!

クッキー好きの間では素朴な美味しさで定番中の定番「カントリーマアム」。それが昨年「チョコを愉しむカントリーマ アム(ほんのりミント)MP」という形で発売されたのだが、あろうことか今回は不二家『Withチョコカントリーマアム(超チョコミント)MP』(45g・希望小売価格 税込119円・2018年4月17日発売)として、チョコミント感を最大化して登場。

アイスファンとしては、チョコミントなのか、チョコチップクッキーなのかはっきりしてもらいたくなるややこしい構成。まあどっちも好きという人なら問答無用に食べてみるべきだろう。

チョコミントといえば、日本上陸から44年経った今でも”歯磨き粉”扱いする人がまだいて驚かされるが、チョコミントは日本にもいい加減定着したと言ってもいいだろう。

小さめのパッケージから出てきたのは、チョコソースをかけたメロンパンのような不思議なシルエット。ほんのり緑がかっているけど、クッキーの褐色も見え隠れしているのが不思議。

ではポイっと一口でいただこう。おや、気持ちひんやりとした食感。ミントというよりも冷感が先にくるタイプのようだ。ザクっとクッキーとして噛み砕くと濃いめの甘さとチョコレートの甘さがダブルで襲いかかる。

そこをまあまあと割って入って仲裁するように、ミント感が駆け抜ける。なかなかにいいバランス。少なくとも歯磨き粉感は微塵も感じられない。冷たい食感、しっとりした柔らかチョコクッキーを存分に味わいたいなら、冷蔵庫で冷やしてからがおすすめだ。

全国のスーパー、コンビニエンスストアで入手可能だ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

ふとしたチョコ欲に言い訳をくれるポリフェノール、食物繊維、ビタミンE入りのハイカカオ・ギルトフリーチョコ『ルック(カカオ70%アーモンドボール)パウチ』!
発売30周年どうしの異色コラボ!『ポテトチップス 岩下の新生姜味』はあの食べ物の表面の味がする…
おフランス土産の定番『モンサンミッシェルガレットクッキー』をコンビニで発見!トドメのオレンジはちみつに衝撃が走った
岩塩の効いた焼きチョコにクラッシュクレープ生地をまぶした、手の込んだ『ショコラベール(ソルティホワイト)』の大人な味わい!
【サワークリームオニオンポテチ対決】『ポテトチップス サワークリームオニオン』vs『Natural Calbee ハードチップス サワークリームオニオン味』

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。