体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朝食はLEGOシェフにお任せ!? マシーンが目玉焼きをつくる映像公開

ベーコン&目玉焼きの調理は、レゴマシーンにお任せ−。なんとも未来感あふれる映像がYouTubeで公開されている。

レゴマシーンが、用意された卵やベーコンをフライパンで焼くというもの。仕上げに塩コショウまでふって朝食の一皿を用意してくれるのだ。

・レゴパーツをフル活用

投稿したのはユーチューバー「The brick wall」。除雪機や掃除機など「こんなの、実際にあったら面白いかも!」と思わせるマシーンをこれまでもレゴテクニックで作り、作動する様子をYouTubeで公開している。

そして、最新作が今回紹介する、その名も「breakfast machine」。モーターや歯車、レシーバーなどをフル活用し、卵やベーコンを持ってフライパンに落とすマシーンと、フライ返しのついた車の2つが製作された。

・見事な卵割り

このマシーン、先に焼き始めたベーコンをフライパンの端に寄せ、空いたスペースに絶妙な力の入れ具合で卵を上手に割って落とす。それから頃合いを見計らってフライ返しで卵とベーコンをひっくり返す。

フライ返しのついたマシーンにはアームも備わっていて、このアームで瓶をつかみ、最後に塩とコショウを振って皿に盛り付けてくれる。まさにシェフだ。

マシーンに卵やベーコンをセットしたり、クッキングヒーターをオンにしたりというのは人の手によるものと想像される。そうした細部はさておいて、純粋に「レゴテクニックでこんなもの作れるんだ」と感心してしまうこと間違いなしのこの映像、閲覧は下記リンクからどうぞ。

The brick wall/YouTube

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。