体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現地へ行って人々とやり取りしているような気分で学べる多言語学習アプリ「MondlyAR」

語学上達の秘訣はずばり、受身にならず、主体的な姿勢で学ぶことである。自分にとってお気に入りの土地へ足を運び、現地の人との会話を通じて語学を身に付けるのもひとつの手であろう。

仮想現実(AR)技術により、行きたい場所へ実際に足を運ばなくても現地の言葉の習得が可能となるだろう。

・世界33言語に対応

「MondlyAR」はチャットボットおよび音声認識機能を搭載した言語学習用ARアプリだ。

世界の33言語に対応しており、プラットフォーム上では数千単位のレッスンが展開されている。

語彙数においても豊富なラインナップとなっており、英語に関しては5000語程度の単語やフレーズを習得することが可能だ。

・自分の好きな場所を自由自在に作り出せる

AR技術で自分の領域内に新たな世界を生み出す。もちろん、自分にとってお気に入りの場所を設定することも可能だ。

アプリ起動と同時に、手持ちのスマートフォンはカメラへと変身。新たな世界を発見し、その中のひとりとコミュニケーションをとるのに必須の手段となる。

こうして、自分が行きたい場所で現地の人とのコミュニケーションを楽しんでいるような感覚で新たな言語を習得することができる。

MondlyAR

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。