体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エイベックスが音声AR事業へ参入! 大塚 愛の音声ガイドなど「渋谷」と連動した第一弾コンテンツ配信決定

エイベックスが音声AR事業へ参入! 大塚 愛の音声ガイドなど「渋谷」と連動した第一弾コンテンツ配信決定

 エイベックスが、音楽コンテンツを含む音声による拡張現実(AR)コンテンツ事業への参入を発表。事業のパートナーに加え、4つの事業カテゴリーも発表された。

 エイベックスは2017年夏より、音声ARの事業の開発を開始。社会ソリューション及び新たなエンタテインメント・コンテンツとしての実装を模索してきた。その中心となったのは、CES 2018、Live Entertainment Expo、Slush Tokyo 2018、TOA WORLD TOUR TOKYOと、本年だけでも4か月連続でXRコンテンツやメディアアートを発表し、国内外から高い評価を得ている同社のインハウス・クリエイティヴ・チーム「2nd Function」。これまで「音楽」に限定していた音楽サブスクのサービスを「音声全般」に拡大することで、より手軽に「サウンドAR体験」を実現するシステムを考案し、そのコンテンツ制作チーム「SARF(Sound Augmented Reality Factoryの略)」を設立するに至った。

 この「SARF」では、スマートフォン・PC・AIスピーカーなど既存の「IoT デバイス」と、同じく現行の「定額制音楽ストリーミング配信サービス(以下:音楽サブスク)」を組み合わせる。視覚ARデバイスの普及に先駆け、音楽コンテンツを含むサウンド(聴覚)や振動(感覚)による拡張現実を、様々な社会ソリューションやエンタテインメント・コンテンツとしてリリースしていくとのこと。

 5月18日よりサービスが開始となる第一弾コンテンツは、エイベックスとサイバーエージェントが手掛ける音楽サブスク「AWA」と「渋谷区観光協会」とのコラボレーションによる「AWALK」。世界初となる定額制音楽ストリーミング配信サービスを用いた音声ARコンテンツで、「AWA」とスマートフォンを利用して「渋谷」という場所と連動した音声ガイドや音楽BGMを聴くことにより、新感覚の没入仮想型アウトドア体験が味わえる。

 なお、今後はさらにこのシステムを必要とするクライアントと、パートナーと呼ばれるコンテンツ・ホルダーやブランドとのハブ機能を兼ね備えた営業チームも増設される。

◎事業情報
「SARF」URL:https://bit.ly/2I4CCAb
「SARF」イメージ映像:https://youtu.be/BPpuGuA1AuM

<パートナー>
▼テクノロジー・パートナー
「Panasonic」
▼ミュージック・パートナー
「AWA」
▼コンテンツ・パートナー
「伊勢丹新宿本店」
「大阪芸術大学アートサイエンス学科」
「サイバーエージェント」
「渋谷区観光協会」
「Downtown Music Publishing」
「東急エージェンシー」
「博報堂DYメディアパートナーズ」
「MARK STYLER」
 (五十音順)

<事業カテゴリ>
(1)観光サービス
将来的には、Wi-Fiやビーコンなどをトリガーとして、観光音声ガイドを提供するシステム構築を目指す。観光地での多言語ルート案内やトリップビア(トリップとトリビアを合わせた造語)・サービスを含む音声ナビゲーション・システムや、交通機関に対して、音楽とトリップビア・サービスを組み合わせて「移動時間」のエンタテインメント化ソリューションを提供する。
(2)音声ARコンテンツの開発事業
リアルな街・自然(現実世界)を音声や音楽によってゲーム・フィールド化する。観光地での宝探しやスタンプ・ラリー、街や建物を舞台にした「没入型RPGゲーム」などのサービスを提供。視覚情報に頼らないため、より未来予測の出来ないサプライズ演出を可能にすると共に、モバイル画面デバイスや印刷物などの視覚情報に頼る場面を少なくすることで、ユーザーの体験時におけるセーフティ・ソリューションとしても機能させる。
(3)ノーマライゼーション
視覚障がい者や聴覚障がい者に対する「アクセシビリティの向上」を目的とした、音声及び振動ガイドの一刻も早い社会実装を目指す。既存のスマートフォン・アプリである音楽サブスクを利用した手軽なARシステムを、信号や横断歩道、点字ブロックや盲導犬など、同じく既存の物理的なソリューションと組み合わせることで、より安全で円滑な「ノーマライゼーション」の早期実現を目指す。
(4)音声ARコンテンツ創作の民主化
法人によるコンテンツ提供だけではなく、個人による個人のためのコンテンツ創作を推奨・サポートする事業。音楽事業に長年携わってきたエイベックスならではのシナジーを活用し、一般のクリエイターのための「著作物 (楽曲) 利用サービス」、及び、音声ARコンテンツの制作から配信までを一気通貫させる「創作と発信をユビキタス化するアプリケーション」の開発を予定。

<「AWALK by AWA / creative directed by SARF」>
2018年5月18日(金)よりサービスを開始
▼「AWALK TOKYO散歩 by 大塚 愛」
大塚 愛 自身がナビゲーターを務める観光ガイド・コンテンツ。ユーザーは、音声ガイドに従い、表参道交差点から渋谷駅までのルートを散策する。大塚 愛の東京をテーマとした楽曲「TOKYO散歩」をBGMに、渋谷区の観光案内やトリップビアに加え、クイズやおすすめスポットの紹介などが楽しめる。
▼「AWALK in SHIBUYA by FAMM’IN」
渋谷区観光大使でもあるFAMM’IN (ヨミ:フェイミン / FAKY、FEMM、Yup’inから成るフィメール・ラップ・クルー)の楽曲をBGMとした「サウンドARゲーム」。渋谷駅からラフォーレ原宿までのルートを2人1組で没入体験するRPGコンテンツ。謎解きやリアルショップとの連動企画が盛り込まれている。
▼「AWALK in “MAGNET by SHIBUYA109” by Miracle Vell Magic」
渋谷スクランブル交差点に面する最高の立地に、先日オープンしたばかりの「MAGNET by SHIBUYA109」。その館内にて、館内案内やクイズ、謎解き体験など、2人で参加し楽しめるコンテンツ。ナビゲーターを務めるのは、Miracle Vell Magic。「NOW PLAYING JAPAN(AWAをはじめ多くの音楽サブスクが参画)」によって「ネクストブレイクアーティスト」に選出された逸材。

関連記事リンク(外部サイト)

エイベックスのブランドロゴ&カラーが一新! イメージは「MadとPureのメビウスの輪」
大塚 愛がエイベックスにもたらした変化とは? デビュー14周年記念インタビュー掘り起こし企画など開始
E-girls 新AL『E.G. 11』第2弾ティザームービー公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。