体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[業界から指名の絶えないヘアメイクアーティスト] ブレア学園学院長・柳延人『得意じゃないことに一生懸命挑んだほうが、活路を見出せる』~MiAが行くvol.2~

[業界から指名の絶えないヘアメイクアーティスト] ブレア学園学院長・柳延人『得意じゃないことに一生懸命挑んだほうが、活路を見出せる』~MiAが行くvol.2~ MiA_YANAGI_BLEA学園 MiA ブレア学園 ヴィジュアル系 超耽美系ヴィジュアル系アーティストのMiA(ミア)がホストとなって、芸能人や人気の職業で活躍する人のもとへお邪魔して、バイト論や成功談・失敗談を通してアドバイスを伺っていく連載企画、 “MiAが行く”。

<<MiAの部屋第4回へ

MiAの部屋第1回へ>> 今回は人気タレント・ミュージシャンを数多く手がけている、ヘアメイクアーティストの柳延人(やなぎ・のぶと)さんをゲストにお迎えしてお送りいたします。なんと、MiA大満足の今回のメイクも柳さんによるもの!美容の世界での頑張り方や、どうやって有名になれたのかについてお伺いしました。記事の最後に、実際に撮影で使用された高級コスメのプレゼントもあるので必見です。

“返事は素早く”、”声は大きく”。美容の世界は想像していたよりも厳しかった

MiA_ヴィジュアル系_アーティスト_ヘアメイク_ブレア学園_柳柳さん愛用コスメたち。今回、MiAさんのメイクにも使用しました MiAxBLEA_icon

――MiA: 柳さんは、どんなきっかけからヘアメイクアーティストを目指されたんですか?

柳: 中1のときに『猿の惑星』という映画を観て、CGの技術がなかった当時、すべて特殊メイクで人間が猿になっていることにすごく感動したんですよ。その後、アメリカのSFX(特殊撮影)作品を片っ端から観て、エンドロールで表記されるような特殊メイクの人になりたいと思ったのが始まりです。

MiAxBLEA_icon

MiA: ということは、そういう特殊メイクを学べるスクールに通われたのでしょうか?

柳: 当時、日本で特殊メイクを学べる学校はなかったので、周りの人に「だったら美容師になるしかないんじゃない?」「美容学校を出てその道で有名になった方もいるよ」といったアドバイスをもらいまして。まずは、高校卒業後に美容専門学校に入ったんです。

MiAxBLEA_icon
1 2 3 4 5 6 7次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。