体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪の人気店「dieci」のポップアップショップが自由が丘に登場

dieci-poppup-dailyplus_001

別注のリサ・ラーソン バードも個数限定で登場

2018年4月27日(金)から5月21日(月)まで、東京・自由が丘のイデーショップ 自由が丘店にて「dieci POP UP SHOP “Daily Plus” Scandinavian design, craft, art」が開催されています。

​dieciは「それがそこにある事で気持ちがほんの少し豊かになるインテリア」をコンセプトとする大阪のインテリアショップ。北欧を中心に世界中へ自ら買い付けに赴き、ストーリーやこだわりのある品々を紹介しています。特に、スウェーデンのKERAMIKSTUDION社(リサ・ラーソン)の作品は日本代理店を務めており、国内随一の品揃えです。

今回のポップアップショップでは作家モノの作品にフォーカスしており、リサ・ラーソンのヴィンテージやアートピースのほか、カリーナ・セス-アンダーソンや山野アンダーソン陽子のガラス作品、ヨナス・リンドホルムの陶器などが出品されます。なかには日本で初めての紹介となるスウェーデンの現代作家の作品もあり、見応えたっぷり。

また、イデーショップ 自由が丘店10周年を記念した限定商品として、KERAMIKSTUDION社から復刻されるリサ・ラーソン バードのイデー別注アイテムも登場します。100個限定で会期初日から発売されるので、気になる方はお早めの来店がオススメです。

期間中は写真家・木寺紀雄がスウェーデンで撮り下ろした写真も展示され、北欧のものづくりだけでなくその空気感も感じられるはず。会期は約3週間、この機会をお見逃しなく。

dieci-poppup-dailyplus_002 Lisa Larson(リサ・ラーソン)/陶芸家

1931年生まれの陶芸家。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)のスカウトを受けGUSTAVSBERG(グスタフスベリ)に入社し、沢山の作品を生み出す。1979年にフリーランスデザイナーとなり、1992年にFranco NicolosiらとKeramikstudion Gustavsbergを設立。86歳の今も精力的に活動を続ける。

dieci-poppup-dailyplus_003 Carina Seth Andersson(カリーナ・セス-アンダーソン)/ガラス作家・デザイナー

ストックホルム出身。スウェーデンのデザイン・クラフト界を代表する存在の一人。marimekko(マリメッコ)やスヴェンスクテンなどの北欧の有名ブランドにデザイン提供する一方、自身でもガラスや陶器の作品を手がける。色をあまり用いず、白や黒を基調にした作品が多い。

dieci-poppup-dailyplus_004 Yoko Andersson Yamano(山野 アンダーソン 陽子)/ガラス作家

1978年生まれ。スウェーデン国立美術工芸大学Konstfack修士課程卒。2001年より陶芸作家・ガラスデザイナーのインゲヤード・ローマンに師事。現在はスウェーデンを拠点に、ヨーロッパや日本を中心に世界各国で展示会を行う。

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。