体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドローン絶景】伝説の青ヶ島で唯一の牧場を空撮 / 断崖絶壁でのんびり暮らす牛たち

aogashima-ushi8

青ヶ島は、東京都にありながら羽田空港からはるか遠くに位置する伝説の島。海底火山が隆起して生まれたこの島は、火口がふたつ存在する二重カルデラ。地球上でも極めて珍しく、人々が火口に住んでいる島としても知られている。

・さまざまなブランド牛となって食卓に並ぶ
そんな青ヶ島には、狭い面積ながら牧場が存在し、牛が育てられている。ここで育てられている青ヶ島牛は、将来的に本州に送られて、日本各地で育ち、さまざまなブランド牛となって食卓に並ぶ。ここ最近は「うちの牛が松坂牛になった」として、牧場主が喜びの声をあげていた。

aogashima-image
aogashima-ushi12
aogashima-ushi13
aogashima-ushi18
aogashima-ushi9
aogashima-ushi6
aogashima-ushi10
aogashima-ushi11
aogashima-ushi7

・青ヶ島牛として食卓に並ぶことは皆無
しかしながら、この青ヶ島牛を食べるのは至難の業。まず青ヶ島牛として食卓に並ぶことは皆無で、本州に送られてから育った地域のブランド名に変更されてしまう。

購入時に固体識別番号で出身が青ヶ島であることを知ることはできるが、それでも、年に3頭ほどしか出荷されないため、その牛肉に出会うのはきわめて難しい。

aogashima-ushi
aogashima-ushi1
aogashima-ushi2
aogashima-ushi3
aogashima-ushi4
aogashima-ushi5

・牛たちが驚くような行為は厳禁
今回は、法規を厳守し青ヶ島村役場への確認と事前撮影報告をしたうえでドローン撮影した。この青ヶ島牛たちが暮らしている牧場は、青ヶ島の断崖絶壁に位置するため、かつては牛が崖から落下してしまうこともあったという。それゆえ、牧場付近に行ったとしても牛たちが驚くような行為はしてはいけない。ゆっくりと静かに眺めて見守ろう。

・夜空を撮影するにはピッタリ
ちなみに、この牧場付近は街灯がなく民家もないため、夜になると暗黒状態となる。それゆえ、夜空を撮影するにはピッタリの地域といえる。しかし、自分自身が崖から落ちないように注意すべき地域でもある。

もっと詳しく読む: 青ヶ島で最も大きい牧場を空撮 / 断崖絶壁でのんびり暮らす牛たち(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2018/05/10/drone-superb-view-cow-aogashima-tokyo/

Photographing: HIROKAZU KUDO(AQTD3)

Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。