体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEでブロックされてるか確認する2つの方法

LINEでブロックされてるか確認する2つの方法

もはや友だちとのコミュニケーションに欠かせない存在となったのが「LINE」です。複雑な人間関係を反映してか、LINEにはブロック機能が存在。相手に通知されることなく、指定した友だちの連絡を止めることができます。そこで、LINEで友だちにブロックされているかもと思った時に確認する方法を紹介しましょう。

LINEでブロックかもはホームを確認

LINEのブロック機能は、指定した友だちからの連絡をすべて拒否することができます。ブロックしたことは相手に伝えられません。ブロックされた人がトークでメッセージを送っても相手には届かず、既読の表示がずっと付かなくなるのです。

そういえば、LINEで友だちにメッセージを送っても読んでもらえない場合は、自分が知らないうちに相手にブロックされている可能性があります。そんな時こそ、LINEでブロックされているかを確認する方法を活用するわけです。

LINEでブロックされているかもと思ったら、まずは相手のホームを確認。LINEの「友だち」リストから見たい相手を選択して、ホームのアイコンをクリックします。

ブロックされた人がホームを訪れると「まだ投稿がありません」という表示。以前まで閲覧できた投稿がなくなっていたらブロックされているということです。ただし、相手がこれまで何も投稿していない場合は判別できません。

LINEブロックを確認するプレゼント

そこで、LINEでブロックされているかもと思ったら、次はスタンプの「プレゼント」を利用します。既にそのスタンプを持っている場合、もしくはブロックされている場合にはプレゼントができないからです。

このため、プレゼントするスタンプは普通は持っていないようなマイナーなものを選択。それが送れないなら、ブロックされていると考えて間違いありません。LINEで「その他」→「スタンプショップ」を開いて利用します。

ここで、スタンプを選んで「プレゼントする」をタップすると、相手からブロックされていなければ、スタンプの購入画面に遷移。ブロックされている場合は、既にスタンプを所有している旨のメッセージが表示されます。別のスタンプでも試して、すべて所有しているメッセージならブロックされていると考えてよいでしょう。

ただし、iPhoneの場合はスタンプのプレゼント機能がありません。そこで利用するのが、無料の「着せかえ」です。これならプレゼントできます。LINEで「その他」→「着せかえショップ」にアクセス。ここで無料の着せかえを選んでプレゼントすることで、LINEでブロックされているかを確認できます。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。