体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第2のホマキこと現役JK女優・松風理咲、理想の男性は「引っ張ってくれるような人」

そこのあなた、そこのお前、そこのチミ。“第2のホマキ”こと現役女子高生女優・松風理咲を知っとるケッ!?

 そんなJK松風が出演している胸キュン映画『兄友』(5月26日公開)の完成披露試写会が9日に都内で行われ、主演の横浜流星、共演の松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督が舞台挨拶したぞ。

横浜が演じる西野壮太が一目ぼれするまい役の松風は「西野さんはいい人だし優しい」と説明。すかさず横浜は「流星君も優しい?」とグイグイくると松風は「はい」と照れ笑いで「もっと男らしさがあったら素敵な人だと思います。…西野さんが、という話です」と天然返答だった!

また松風は「私自身、積極的に行けないタイプなので引っ張ってくれるような人がいい」と理想の男性像を告白。横浜から「通っている高校には西野君のような人がいないんだね?」と聞かれると、松風は「…いや、女子高なので」とまたまたナチュラル反応で笑いを誘ったゾ!

そんな2人の仲睦まじい様子に小野は「横浜さんが理咲ちゃんに面倒くさいからみかたをしていた。それに理咲ちゃんが一生懸命に答えていて…。そんな姿を見せつけられて素敵な関係だなぁと思った」と舞台裏を振り返りながら「さっきも横浜さんが理咲ちゃんに『舞台挨拶で優しいって言って、お願いだよ』と言っていた。それに関してはどうかと思うけど」と暴露。

松風が「答えにくいような質問をしてくる」と頷くと、当の横浜は「距離を近づけたくて、そこはあえてやっていました」と弁明で、小野は「その努力が感じられて感動しました」と悪戯っぽくニヤリ。

また「恋人が作ってくれたものなら何でもキュンキュンする?」との質問に松風は「作ってくれるのは嬉しいけれど、そんなキュンキュンしない」とクール。「何回目のデートでキスしようかと考えている恋人はあり?」という質問には「男性にはどっしりと構えていてほしい。女の立場からいうと、男らしさがほしい」とグイグイ男子がお好みのようだったポッ!HiVi(ハイヴィ) 2017-05-17 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。