体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シソの香りが約20倍にアップ!リニューアル記念として、超人気声優が出演している新WEB動画も公開中!

ラベルを見ただけで、物語の世界に引き込まれそうである。カレイが泳ぐ海と遠くに見える紫の山オエノングループの合同酒精株式会社(東京・中央区)は、このたび、発売25周年を迎え、しそ焼酎『鍛高鍛(たんたかたん)』をリニューアル、3月下旬より全国で順次発売を開始した。同時に、新WEB動画「鍛高譚 香り視覚化プロジェクト」をブランドサイト及びYouTubeのオエノンチャンネルで公開した。

 

しそ焼酎「鍛高譚」新WEB動画「香り視覚化プロジェクト」より

リニューアルした『鍛高譚』を飲んでみた!

さっそくグラス片手に、リニューアルして香りが約20倍にアップした『鍛高譚』を味わってみる。

しそ焼酎『鍛高鍛(たんたかたん)』は、北海道白糠(しらぬか)町産の赤シソと、大雪山系を望む旭川の清冽な水を使用して作られた、爽やかな口当たりが特長のお酒である。商品名の「鍛高(タンタカ)」とは、アイヌ語でカレイ科の魚のこと。その昔、北海道白糠町にある小高い山「鍛高山」まで、薬効のある赤シソを求めてカレイが川を遡ったという民話を表したもので、ラベル中央には飛び跳ねている主人公のタンタカ(カレイ)が描かれている。また、「譚」は、物語のことだ。つまり、『鍛高譚』とは、“タンタカの物語”という意味のお酒でもある。

この『鍛高譚』が発売25周年を記念してリニューアルされた。その最大の特長である、シソの香りを約20倍にもアップすることで、ロックやソーダ割りといった定番の飲み方だけでなく、モヒートやフルーツ系のカクテルなど、多様な楽しみ方でも、シソの華やかな香りがしっかりと香るお酒として魅力が増大した。また、ラベルにも「しそ香るお酒」のキャッチを入れて、特長を分かりやすくアピールしている。

見た目は無色透明のクリアな液体だが、グラスに注ぐだけで、シソの馥郁(ふくいく)としたいい香りが漂ってくる。口に含むと、シソの香りの余韻は残るものの、意外とすっきりとした飲み口で、とても飲みやすい。シソのフレーバーという強い独自性の商品のため、一般的な焼酎というよりは、まさに「しそ香るお酒」というイメージ。なので、いろいろな飲み方にアレンジするにも、もってこいのお酒だ。

『鍛高譚』のブランドサイトには、さまざまな飲み方のレシピも掲載されているので、ぜひ参考にして楽しんでみてはいかがだろう。

さっぱりソーダ割りで楽しむ人、ロックで味わいを楽しむ人、男女問わず幅広い年代に受け入れられるのが、『鍛高譚』の魅力である。記者も実は、20代から60代までが集まる場で、今回このリニューアルした『鍛高譚』を取り出して味わってみた。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。