体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」 【星野リゾート リゾナーレ熱海】

【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】(C)Loco Yoneda

“空に浮かぶビーチ”をテーマとしてつくられた、「ソラノビーチ Books&Café」。

白砂が敷きつめられた屋内ビーチのこのカフェは、リゾートホテル・星野リゾート リゾナーレ熱海内のブックカフェです。

【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】(C)Loco Yoneda

今回は、「ソラノビーチ Books&Café」へとご案内しましょう。

屋内ビーチのリゾート感をあなどるなかれ

ソラノビーチ Books&Caféは、リゾナーレ熱海の宿泊者専用フリースペースとブックカフェが一体となった施設です。

先日宿泊した、星野リゾート リゾナーレ熱海。ゆっくりと本が読めるカフェで十分、屋内ビーチのブックカフェなんぞ・・・と、高を括っていましたが、ソラノビーチに足を踏み入れた途端に感じたのは、想像以上のリゾート感。さすが、リゾートホテルの演出力の高さに脱帽です。

【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】注:テーブルのフードはイメージです。 (C)Loco Yoneda

カフェ内のブックシェルフ(本棚)に用意された本は、約600種あり、利用者は自由に閲覧ができます。海を感じる写真集や旅の本などが、中心に取り揃えられている印象。

【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】(C)Loco Yoneda

好きな本を手にとったら、さっそく席へと。様々なタイプのソファや寝椅子があるので、気分によって好きな席を選ぶことができます。

【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】(C)Loco Yoneda 【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】(C)Loco Yoneda 【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】(C)Loco Yoneda

また、誰でも利用できるエリアと、12歳以上が利用可能なエリアとがあり、ファミリー、カップル、女性グループなど、どんなシュチュエーションでも、各々が心地よく過ごせるように工夫がなされています。

【熱海特集】白砂を敷きつめた天空のブックカフェ「ソラノビーチBooks&Café」【星野リゾート リゾナーレ熱海】親子連れでもくつろげる空間。(C)Loco Yoneda
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。