体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【母の日ギフト】これがカーネーション!?一味違う手作りの母の日プレゼント

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
母の日の定番として見慣れたカーネーションですが、花びらを引き抜いて紙に貼りつけていくと、元の形が想像できないような、とげとげとした素材感が出ます。イギリスの花留学(フラワーアレンジメント留学)のときに教わったアレンジです。花材以外は100円ショップで調達できる材料を使って、たまには工作してみませんか?

手先が器用でない方は2時間半くらいの作業時間を見込んでくださいね。

ファン(扇)の材料

大き目のピンクのカーネーション 2本
白いバラ 1本
アイビーの葉 適量
バラの葉 適量

厚さ5mmのカラーボード(薄い発砲スチロールを紙で挟んだもの) 1枚
白い羽 適量
6mmサイズのパールのビーズ 適量
3号テグスか細いワイヤー 適量
太さ2mm程度のアルミ自在ワイヤー 56cm
ピンクのサテンリボン 適量
赤いサテンリボン 適量
虫ピン 適量

防水テープかガムテープ
工作用ボンド
両面テープ

つくりかた

(1) カラーボードをハート型に切り抜きます。このハートは幅22cm程度です。フリーハンドで描いてもいいですし、wordファイルなどでハートの環境依存文字を打って拡大し、プリントして参考にするのも方法です。

(2) 持ち手をつくります。アルミ自在ワイヤー14cmを4本用意します。それぞれ4cm分を90度に折り曲げ、L字にします。それをまとめて4cmの部分が東西南北を向くようにテープで束ね、ハート型の上におき、テープで固定します。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
(3) ワイヤーをピンクのサテンリボンでカバーします。巻き終わりがハート側になるように先端の方から巻き付けていき、巻き終わりはテープで固定します。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
(4) ハート型の縁の部分をピンクのサテンリボンでカバーします。このとき側面は覆う必要がありません。リボンは長いままハートの形に合わせて裏側だけに貼るようにします。サテンリボンは両面テープで貼ると楽です。この面は裏側にあたるので、そんなに丁寧にやらなくても大丈夫です。

(5) ピンクのリボンの内側には葉っぱを貼っていきます。アイビーやバラの葉を使います。このときも両面テープが楽です。浮き上がった葉はボンドを使います。

(6) 側面にだいたい1.5cm間隔で虫ピンを打っていきます。

(7) テグスか細いワイヤーでパールのビーズを虫ピンに巻き付けていきます。虫ピンにテグスを2回巻き付け、パールのビーズを通し、また虫ピンに2回程巻き付け、と繰り返していきます。
※6と7をやるかわりに、頭にパールが付いたまち針を打っていくだけでもOKです。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
(8) カーネーションの花びらを引き抜きます。がくの部分を剥いてからの方が引き抜きやすいです。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
(9) ボンドを使って、花びらをハートの外側から貼っていきます。根元のツンとした側が外になるようにします。また、できるだけ、つぼみの根元のツンとしたところが、反り返って立ち上がるよう、つぼみの裏表をみて貼っていきます。あとから花びらの水分が飛んで少し縮むので、余裕をもって紙がかくれるように貼っておきます。2列目以降は、ツンとしたところが1列目とかぶらないようにします。真ん中にバラのスペースを用意しておきます。花びらを貼り始める前に、だいたいのバラの大きさを線で書いておくと便利です。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
(10) バラのスペースに、白い羽をいくつかボンドでつけておきます。なんとなく、ハート型っぽくなるようにします。

(11) バラを根元でカットし、ボンドでつけます。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
(12) 赤いサテンのリボンを持ち手の部分に巻き付け、垂らします。持ち手はハート型に好みの角度に曲げます。ボンドが乾くのを待って完成です。

これがカーネーション?!母の日に一味違う手作りプレゼントを
[ All photos by Shio Narumi ]
【母の日ギフト】これがカーネーション!?一味違う手作りの母の日プレゼント

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。