体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
京都タワーホテル3階「レストラン タワーテラス」では、京都・宇治田原町『丸伍製茶』の香り高い抹茶やほうじ茶、番茶などを使用したスイーツが楽しめる『Sweets Buffet ~Matcha time~』を2018年6月2日(土)~8月26日(日)の期間限定で開催。

フォトジェニックな風景が広がる“花の寺”『三室戸寺』と初コラボ

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
紫陽花が咲く三室戸寺

今回のスイーツビュッフェは見た目の美しさが秀逸。花の寺として有名な京都・宇治市の三室戸寺とのコラボスイーツも登場します。6月限定で楽しめるのは、紫陽花モチーフのスイーツたち。

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
紫陽花と蓮をモチーフにしたメニュー

三室戸寺には写真映えすると話題の「ハートの紫陽花」がありますが、こちらに見立てた隠れアイテムならぬ隠れスイーツも。8月限定では、蓮の葉をイメージしたクッキーなども味わえますよ。

京都・宇治田原町『丸伍製茶』の抹茶や、ほうじ茶を使ったお茶スイーツ約25種

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
スイーツビュッフェイメージ

ずらりと並ぶ抹茶やお茶を使ったスイーツは、どれも美しく見るからにおいしそう。京都の風景や食と同じように、目でもじっくり楽しみたくなります。

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
自分でつくるどら焼き

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
お抹茶フォンデュ

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
ほうじ茶や玉露を使ったスイーツ

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
一期一会のひとときを楽しむマカロンクイズ

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
シェフズコーナー 抹茶ティラミス

いつまでも眺めていたくなる、京都タワーホテルの抹茶スイーツビュッフェ
抹茶のシフォンケーキ

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。