体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スウェイ』トーヴ・スティルケ(Album Review)

『スウェイ』トーヴ・スティルケ(Album Review)

 1992年11月19日生まれの25歳。スウェーデンの北部の都市ウメオで生まれ育ち、ミュージシャンだった父の影響を受け、シンガー・ソングライターを志した、トーヴ・スティルケ。

 2009年にオーディション番組『アメリカン・アイドル』のスウェーデン版『スウェディッシュ・アイドル』で3位を勝ち取り、翌2010年6月にリリースしたデビュー・シングル「Million Pieces」がスウェーデン・チャート最高18位、2ndシングル「White Light Moment」は最高5位をマークし、ゴールド認定の大ヒットとなった。両曲が収録されたデビュー・アルバム『Tove Styrke』も同チャート10位をマーク、こちらもプラチナ認定のヒットを記録し、ニューヨーク・ポスト紙の“2011年に知るべき10組みのアーティスト”に選ばれた。

 本作からは「Call My Name」(最高28位)もヒットし、2012年開催のスウェーデン版グラミー【Grammis】では<最優秀楽曲賞>にノミネートされるなど、デビューから“過ぎる”くらい順調にキャリアを築いたが、2ndアルバム『Kiddo』(2015年)は14位を記録したものの、セールス的には成功には至らず失速。ブリトニー・スピアーズの「Baby One More Time」をカバーしたことも話題にはなったが、ヒットからは遠ざかった。

 本作『Sway』は、その前作『Kiddo』から3年振りの新作で、久々のチャートインを果たした「Mistakes」など計6曲のシングルが収録された、8曲入りのミニ・アルバム。リアーナの「ステイfeat.ミッキー・エッコ」(2012年)やアイコナ・ポップの「オール・ナイト」(2013年)などを手掛けたElof Loelv、ブリトニー・スピアーズの「メイク・ミーfeat.G・イージー」他、エリー・ゴールディングやトーヴ・ローなどをプロデュースしたJoe Janiakが制作した、曲に遊び心を感じさせる北欧らしいポップ・チューンが並ぶ。

 囁き声のような妖艶さと、触れると溶けそうなミルキーボイスまで、声質を自在に操る魅惑的なタイトル・トラック、繰り返される中毒性の高いフレーズと、高らかに叫ぶフックを使い分けた「Say My Name」、歪んだオートチューンを用いつつ、広範なヴォーカル・スタイルを披露した「On The Low」など、歌い手としての実力の高さもアプローチしたトーヴ。機械的な音に同化してしまい、ボーカルも表情がないように思われがちだが、曲に浸れば優しさ、不安、欲望……など、様々な感情が入り乱れることが分かる。

 チャーリーXCXのスタイルをそのまま引き継いだ「Mistakes」や、フロア向けの「On a Level」といったスタンダードなエレクトロ・ポップより、レゲエのリズムを取り入れた、セピア色の雰囲気漂わす「Changed My Mind」や、リラックスしたい時に聴きたいチルアウト系のミディアム「I Lied」の方が、彼女の潜在的な可能性を掘り起こしている感じがして良かった。メランコリックな「liability」も曲自体は悪くないけど、どうにか詰め込んだ感じが何だか切ない。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『スウェイ』
トーヴ・スティルケ
2018/5/4 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ニッキー・ミナージュ、マドンナとのコラボを示唆
オースティン・マホーン、最新EP『オキシジン』が5/16リリース決定
バックストリート・ボーイズ、スパイス・ガールズのコスプレでパフォーマンス

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。