体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急事態】森永から大量のクレジットカード情報流出が懸念 / 悪用され不正利用の被害も判明「セキュリティコードも流出した可能性あり」

image11-3

森永乳業株式会社の健康食品通販サイトにて、利用者のクレジットカード情報が流出し、すでに悪用されている可能性が浮上した。この件に関して森永乳業は公式サイトで状況説明をしており、クレジットカード情報が流出した可能性がある対象者に対し、メールでも報告をしている。

・カード情報が不正に使用されている
問題視されているのは、森永乳業の乳酸菌サプリなどを販売している健康食品通販サイトで、「2017年1月10日~2018年4月24日にカード情報を入力して商品をご注文された約23000名」が対象者となっているとのこと。さらにクレジットカード会社から「カード情報が不正に使用されるという被害が生じている」と報告を受けているとも伝えている。健康食品通販サイト利用者は以下のように語る。

・健康食品通販サイト利用者の声
「2018年4月から会員専用ページにログインできなくなったんですよ。おかしいな? と思っていたのですが、5月9日にカード情報流出のメールが届いて驚きました。私のカードで不正利用されるかもしれず不安です」

coincheck-gox

・セキュリティコードまで流出
なにより不安なのは、単にクレジットカード番号が漏れたというだけではない点。番号、名前、有効期限、そしてセキュリティコードまで流出している懸念があるというのだ。しかも約23000名もの数、取り返しがつかない状況ともいえる。

・非常にナンセンス
そもそもセキュリティコードはこのような流出が起きても最後のガードとして役立つための情報であり、それまでも漏れているのは非常にナンセンス。番号、名前、有効期限、セキュリティコードがあれば、ほとんどの買い物ができてしまうのだから。

もっと詳しく読む: 森永から大量のクレジットカード情報流出 / 悪用され不正利用の被害も判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/09/morinaga-card-fusei/

参照: お客さま情報の流出懸念に関するお知らせ

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。