体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

予算100万円×ラグジュアリー系SUVの切り札は、2代目ハリアーだけじゃない!

▲人気のラグジュアリー系SUVを予算100万円でゲットしたい! ……厳しい戦いにはなりますが、奇跡の逆転劇を目指してみませんか?

▲人気のラグジュアリー系SUVを予算100万円でゲットしたい! ……厳しい戦いにはなりますが、奇跡の逆転劇を目指してみませんか?

中古SUVといえども、予算100万円では選択肢が少ない

予算100万円でSUVは買えるのか? ……答えはもちろん「イエス」。

だがその後には、“ただし”に続く、いささか悩ましい条件が付いてくる。

まずひとつ覚えておきたいのは、予算100万円でSUVを手に入れるとするなら、中古車で選ぶことが大前提となること。したがって、上記の“ただし”には「中古車だけどね」というフレーズが続く。

まあ、このあたりはみなさんもすでにご存じのことだろう。問題は、その先だ。

残念ながら、たとえ中古車であっても予算100万円で狙えるSUVの選択肢は少ない。

例えば、スズキのジムニーやハスラー、三菱 パジェロミニなどの軽自動車を除き、1車種の単1世代で中古車の流通量が全国で200台を超えるのはわずか5モデルのみ。具体的には以下のとおりだ。

・トヨタ ハリアー(2代目)

・日産 エクストレイル(初代)

・日産 エクストレイル(2代目)

・日産 ジューク(現行型)

・スバル フォレスター(2代目)

SUVの中でも、クロカン風味の濃いカジュアルな“遊び車”が好みなら、初代&2代目エクストレイルと2代目フォレスターという、そこそこ厚めの選択肢から選べるのでまだいいだろう。

▲こちらは、日産 エクストレイル(2代目)

▲こちらは、日産 エクストレイル(2代目)

▲こちらが、スバル フォレスター(2代目)

▲こちらが、スバル フォレスター(2代目)

運転ビギナーでも安心なコンパクトSUVに興味があるなら、ジュークだけではなく軽自動車にも目を向ければ選択肢はグッと広がる。

▲こちらが、日産 ジューク(現行型)

▲こちらが、日産 ジューク(現行型)

2代目ハリアーと合わせて検討したい初代ムラーノ

だが、大きめボディで走りも快適、しかもデザインが都会的な、今一番人気のラグジュアリー系SUVに目を向けると、途端にハードルが高くなる。

新車時価格の高いモデルが多いため、中古車が予算100万円圏内で狙えるようになるには、新車時の人気や中古車市場での残存価値など、険しい条件をパスしていなければならない。

そういった意味でも、2代目ハリアーの存在はとても貴重である。予算100万円でラグジュアリー系SUVを探しているなら、2代目ハリアーを視界から外すことは避けるべきだ。

▲トヨタ ハリアー(2代目)

▲トヨタ ハリアー(2代目)

▲旧型といえど、インテリアまでしっかり作りこまれた正真正銘のラグジュアリーSUV

▲旧型といえど、インテリアまでしっかり作りこまれた正真正銘のラグジュアリーSUV

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。