体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「浴衣・注染の型染めと格闘する」ルミロック デザイナー芝崎るみさんインタビュー

趣通信スタッフのちあきです。

伝統と確かな技術に裏打ちされた型染めと大胆で斬新なデザインが話題の浴衣ブランド、ルミロック。趣-omomuki-代表のケビンとスタッフのかっくがデザイナーの芝崎るみさんに魅力の秘密を伺いました。

DSC05496

昔を感じる何かを作りたい。時代劇からルミロックへ

かっく
私はルミロックの大ファンで。毎年最初に着る浴衣はルミロックと決めているんです。

ケビン
僕も初めて買った浴衣がルミロックでした。

かっく
るみさんはどんなことがきっかけで着物や浴衣のお仕事を始めることになったのでしょうか?

DSC05431

ルミロックデザイナー 芝崎るみ

東京都出身。テキスタイルデザイン、和装の商品企画、ディレクション、スタイリング。レディス・メンズのきものやゆかたのデザインを中心に、手ぬぐいや草履など和装小物の企画デザイン・製作を幅広く手がけるほか、歌舞伎座や辻村ジュサブロー館で販売されているグッズのデザイン、ブランドやメーカーゆかたの企画・デザインにも携わる。小ロットの注染から中ロットの手捺染、デジタルプリント、大ロットのオートスクリーンまで経験豊富。
また、ゆかたをはじめ、羽織、長襦袢、振袖などのインクジェットプリントにも対応。和装のイメージを崩さず、かつ日本人の「着る文化」の面白さを引き出すきもの、マーケットを牽引する新しい感覚の和装デザインを精力的に展開中。

るみ
子供の頃からチャンバラ、雷蔵とか勝新とか大好きで(笑)。時代劇を制作している東映でアルバイトしていたこともあるんです。
家の中には母の時代の銘仙の着物もたくさんあり子供の頃は着て遊んでいました。祖母は養蚕農家で機織りもしていたんです。今はアンティーク着物といわれますが、昔の着物の楽しさは自然に入ってきましたね。

大学を出た後一度は就職したのですが服のデザイナーになりたくて服飾学校に入り直しました。卒業した後は代々木にあった着物の図案のデザインスタジオに就職。4年間修行しました。平成元年頃で、まだ手描きでデザインを作成していましたね。

スタジオでは小紋や振袖、打掛の図案を描いて新潟十日町や京都など着物の産地のメーカーや問屋さんに図案を売っていました。

働きながら夜の時間を使ってパソコンで図案の作成を始めたのが独立への第一歩。手書きが主流の当時、大変高価だったMacやプリンターを貯金で買って何ができるか試していました。

DSC05350

独立後だんだんと注文が増え、図案を売るだけでなく浴衣の制作を行うようになりました。その過程でお手伝いしていたメーカーの売り場に出店したり、自主的に作っていた浴衣に屋号をつけることになりました。

たくさんのご縁がつながってルミロックという形になったんです。染色工房に勤めていた金子さんは、その頃から合流してルミロックを支えてくださっています。

DSC05519
ルミロックストア店長 型彫担当 金子一昭さん

図案にはストーリーが込められている。ルミロックの浴衣に込められたストーリーとは

かっく
私はルミロックの、伝統的な型染めの技術を使って一風変わった格好良い柄が生み出されているところが大好きなんです。伝統的な図案は縁起への願いが込められていることが多いですが、ルミロックの図案はいかがでしょうか?

1 2 3次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。