体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和服の帯を締めるのが楽しくなりそう!ト音記号になる帯締めの結び方がキュート

和服の帯を締めるのが楽しくなりそう!ト音記号になる帯締めの結び方がキュート

 和服の着こなしって帯の締め方やちょっとした小物使い、着物の帯や柄でも個性が出るものですが、その和服の帯を留めるために締める「帯締め」の結び方がとても可愛いとネット上で話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 山口県下関市でフルートの教室を運営されている、長門昌世さんがツイッターに投稿した帯締めの結び方がとっても音楽教室らしい締め方。結び目がト音記号になっているのです。

ツイッターで、帯締めをト音記号に結ばれている方がいて、真似をさせて頂きました!
なんとか写真を見ながら、完成です。
今度から、演奏会は、この結び方でいきます!

下関のフルート教室→https://t.co/nNEMRQpQuh pic.twitter.com/PzeIo5oAw8

— ながとまさよフルート教室(山口県下関市) (@MasayoNagato) May 8, 2018

 「ツイッターで、帯締めをト音記号に結ばれている方がいて、真似をさせて頂きました!なんとか写真を見ながら、完成です。今度から、演奏会は、この結び方でいきます!」とその帯締めの結び目をツイッターに投稿しています。確かにきれいなト音記号!この結び方、以前より和装界隈では話題だったそうで、よく和装でライブをやっている筆者の友人も「Facebookで見てやってみたいと思ってた」という程。

 ト音記号の頭の部分が垂れてきそうにも思えますが、長門さんによると帯締めの紐がしっかりした素材なので形が崩れる事なく、キレイに保つ事ができるそうです。結び方は普通に帯締めを結び、その後にト音記号を紙に書く時と同じ要領で形を整えるだけ。「超不器用」と自称されている長門さんも案外簡単にできたそうです。

 なるほど写真をよく見ると、結び目から普通にト音記号を描くように紐が形作られています。ト音記号は中心からぐるぐると渦を描くようにして形をつくるので、結び目がしっかりできていればあとは普通にト音記号を描く要領になる訳ですね。納得。

 和装で音楽をやっている方にこの結び方がどんどん広まると楽しそうですね。

<記事化協力>
「ながと まさよ」フルート教室・長門昌世さん(@MasayoNagato)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

静電気で子供の頭がスパーキング!頭がウニ(物理)に
ハイクオリティ過ぎるコンビニ内のポップに「こんなお店なら毎日通いたい!」
これがあればどこでも侍大将気分?「本陣セット」作者に聞いてみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。