体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電気自動車を自宅で充電!EV充電設備付きの賃貸物件を取材してきた

電気自動車の充電設備付き新築戸建て物件に潜入!

部屋を借りるにあたって、立地や間取りとともに重視したいのが設備。エアコンやお風呂の追い焚き機能、独立洗面台など定番の人気設備に加え、最近は無料Wi-Fiなどインターネット時代に対応したもの、オール電化などエコをアピールする物件も増えてきた。

そんな昨今、CHINTAI情報局では“電気自動車(EV)の充電設備付き”という物件があるという情報をキャッチ。多様化する賃貸物件の中でも、これは希少な設備だ。さっそく取材してきた。閑静な住宅街に建つ真新しい戸建物件。駐車スペースは十分な広さ|電気自動車を自宅で充電!EV充電設備付きの賃貸物件を取材してきた

閑静な住宅街に建つ真新しい戸建物件。駐車スペースは十分な広さEVを普段使いするには家庭用充電設備が必須

東京都昭島市の閑静な住宅街にあったのは、並んで建つ2軒の新築戸建物件。一つが2LDK(専有面積63.36㎡)で、もう一つが3LDK(専有面積84.69㎡)、ともに二階建てだ。

それぞれに一台分の駐車スペースが付いていて、その傍らにEV専用の充電用コンセントがある。コンセントボックスはコンパクトで、見た目もスマート。EVに詳しい人でなければ、その存在に気付かないだろう。日産リーフに充電ケーブルをつないでみた。ケーブルレス・タイプのコンセントなので、車種を問わないのも魅力|電気自動車を自宅で充電!EV充電設備付きの賃貸物件を取材してきた

日産リーフに充電ケーブルをつないでみた。ケーブルレス・タイプのコンセントなので、車種を問わないのも魅力

ところで、EVの家庭用充電設備には100Vと200Vの2種類がある。100Vは簡易な工事で済む反面、満充電に28〜37時間と時間がかかるのに対し、200Vは本格的な配線工事が必要になるかわりに充電時間が8~11時間(いずれも日産リーフの場合)と短時間で済むのが特長。

この程度の時間なら、夜間、車を使わない時に充電すれば毎日走ってもOKだろう。今回の物件に設備されているのは後者だ。200VのEV充電設備。賃貸で設備されている物件はごく僅かだ。ちなみに一般的な屋外用コンセントはEVへの充電不可!|電気自動車を自宅で充電!EV充電設備付きの賃貸物件を取材してきた 200VのEV充電設備。ちなみに一般的な屋外用コンセントはEVへの充電不可! EVへの充電は車両に付属のケーブルとコンセントをガシャッとつなぐだけ|電気自動車を自宅で充電!EV充電設備付きの賃貸物件を取材してきた

EVへの充電は車両に付属のケーブルとコンセントをガシャッとつなぐだけ

ちなみに都市部のショッピングモールなどにある急速充電を使えば30分程度で充電が済む(約80%まで)が、バッテリーが切れそうになる度、そこまで出向くのはかなり億劫だし、郊外では接置数がまだまだ少ない。EV所有者にとって、家に充電設備があることは絶対条件と言えるのだ。漏電や感電などの危険を防ぐため、室内にEV充電ポートのオンオフスイッチがある|電気自動車を自宅で充電!EV充電設備付きの賃貸物件を取材してきた

漏電や感電などの危険を防ぐため、室内にEV充電ポートのオンオフスイッチがある今だけでなく未来を見据えた住まいの作り

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。