体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い出に残っているバラエティ番組は?昭和生まれ→「俺たちひょうきん族」平成生まれ→「笑っていいとも!」

思い出に残っているバラエティ番組は?昭和生まれ→「俺たちひょうきん族」平成生まれ→「笑っていいとも!」

 ソニー生命保険株式会社が「平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査」を実施しその結果を発表しました。平成・昭和で回答が異なりそうなさまざまな質問が投げかけられており、その答えが実に世代差を表しています。

 なお、調査の対象は全国の平成生まれの男女(20歳~28歳の男女)と昭和生まれの男女(52歳~59歳の男女)となっているため、全ての平成・昭和生まれが対象という訳ではありません。有効サンプル数は各500、計1000名となっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■印象に残る平成の出来事

 このアンケートでは多くの質問が行われていますが、世代差がわかりやすいのが「印象に残る平成の出来事」。「平成」に起こった、社会的な出来事(ニュース)の中で、印象に残っていることは何かを質問しています。

 平成生まれは印象に残る出来事として1位「東日本大震災」(60.8%)、2位「SMAP解散」(39.0%)、3位「地下鉄サリン事件」「笑っていいとも!が終了」(ともに29.4%)と、地震や事件の他、世間から注目をあびたエンタメ関連の出来事まで入っています。

 対し、昭和生まれは1位「地下鉄サリン事件」(70.6%)、2位「東日本大震災」(68.6%)、3位「阪神・淡路大震災」(65.8%)と、地震や事件、事故を中心に経済や国際情勢に関わることが入っています。

 どちらがどうという訳ではありませんが、世代により関心をもった出来事を通して、年を重ねる過程で当時何が騒がれ、世代差で何に強く関心を持ったかがわかりやすく表れています。

▼平成生まれ
1位「東日本大震災」
2位「SMAP解散」
3位「地下鉄サリン事件」「笑っていいとも!が終了」
5位「阪神・淡路大震災」
6位「東京スカイツリー完成」
7位「アメリカ同時多発テロ事件(9.11)」「iPhone発売」
9位「なでしこジャパンW杯優勝」
10位「リーマンショック」

▼昭和生まれ
1位「地下鉄サリン事件」
2位「東日本大震災」
3位「阪神・淡路大震災」
4位「ベルリンの壁崩壊」
5位「アメリカ同時多発テロ事件(9.11)」
6位「消費税(3%)導入」
7位「バブル崩壊」「湾岸戦争」
9位「ダイアナ元英皇太子妃事故死」
10位「ソビエト連邦崩壊」

■思い出の遊び

 子供の頃の遊びに関する質問も行われています。これはかなり世代差が現れるか?と思いきや、比較的似通ったような内容。

 平成生まれには3位「ゲーム/テレビゲーム」、7位「ポケモン」、10位「遊戯王」などがありますが、昭和世代にも7位に「テレビゲーム」が入っています。小学生時代は遊びの主流ではなかったものの、徐々に大衆化し始めた中高あたりで遊んでいたということでしょうか。10位の「インベーダーゲーム」だけは唯一世代だなぁという印象。その他の遊び方は世代差は特になく、どの世代共通する遊びが入っています。

▼平成生まれ
1位「ケイドロ・ドロケイ」
2位「鬼ごっこ」
3位「ゲーム/テレビゲーム」
4位「ドッジボール」
5位「缶蹴り」
6位「かくれんぼ」
7位「なわとび」「ポケモン」「野球」
10位「遊戯王」

▼昭和生まれ
1位「缶蹴り」
2位「ゴム飛び」
3位「かくれんぼ」「鬼ごっこ」
5位「なわとび」
6位「野球」
7位「テレビゲーム」「ドッジボール」「ままごと」
10位「インベーダーゲーム」「ビー玉」「ケイドロ・ドロケイ」

■最も思い出に残っているTV番組

 他にも世代差がわかりやすい、テレビ番組の調査も行われています。アニメ・漫画、ドラマ、バラエティの順位は次の通り。

【最も思い出に残っているアニメ・漫画】
▼平成生まれ
1位「ONE PIECE(ワンピース)」
2位「ドラえもん」「ポケットモンスター」
4位「美少女戦士セーラームーン」「名探偵コナン」
6位「ドラゴンボール」
7位「NARUTO-ナルト-」
8位「おジャ魔女ドレミ」
9位「SLAM DUNK(スラムダンク)」
10位「MAJOR(メジャー)」

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。