体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語だけじゃない!語学で広がる日常生活の楽しさ!【韓国語の場合】

高校3年生の私の娘が毎週NHKのテレビハングル講座を観ています。若い頭は新しいフレーズをすぐ覚え、あっという間に50音を覚え、読み書きも少しずつできるようになっています。英語以外の語学に触れると世界が広がります。どんな楽しいことが待っているかをお伝えします。

韓国ドラマが楽しめる

 まずは、韓国語が少し理解できるようになると、韓国ドラマがより楽しめるようになります。多くの日本人がドラマから韓国語を好きになるそうですが、私の娘もそうでした。韓国ドラマを幾つか観ていると、しばしばアラッソと言っています。この意味はなんだろうと調べ「わかったわ」だということを知ることが始まりでした。

 NHKテレビハングル講座は、よく使われそうな韓国語の会話を覚えることができるので、どんどん単語を覚えられます。ドラマでひんぱんに「オヌルン」と出てきますが、それは「今日」です。「いじめ」は韓国ドラマでも「いじめ」でした。ひとつわかる単語が増えるたびに「なるほど!」も増えます。韓国語は日本人の耳にはかなり聞き取りやすい気がします。

韓国街で擬似海外体験

NHKテレビハングル講座では、ハングルの読みかたも教えてくれるので、娘はあっという間に覚え、たどたどしくではありますが、電車に乗った時に駅名を読めるようになりました。韓国街のある新大久保に行くと、街のあちこちやいろいろな商品にもハングルがあり、読んでは私に教えてくれます。韓国に行かなくても新大久保でヴァーチャル海外旅行体験ができるのも楽しいのです。中国語だったら中華街に行くのもいいですよね。 

韓国好きの友達と遊べる

 娘の学校には韓国語を喋ることができるお友達がいます。なのでテレビハングル講座で覚えたフレーズを翌日彼女に試して驚かせるのが彼女の励みになっています。例えば「この椅子に座っていいですか」など、ちょうど学校で使えるフレーズも多いのです。するとお友達は笑いながら「いいですよ」とか「ダメですよ」という返事をハングルで答えるので、また新たな言葉を仕込めます。

韓国語が話せなくても、K-POPが好きなお友達も多く、休み時間には韓国の話で盛り上がることも多いのだとか。娘はチーズダッカルビを食べたがり、私はクックパッドを見ながら家で作ってみましたが、かなりおいしくて、家のメニューの定番になってしまいそう。英語以外の語学にチャレンジしてみると、世界は少しずつ広がっていくものなのです。 NHKテレビ テレビでハングル講座 2018年5月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。