体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲス極“ほな・いこか”も女優“さとうほなみ”も、どっちも私――やりたいことがあるなら「やってまえ!」の精神

ゲス極“ほな・いこか”も女優“さとうほなみ”も、どっちも私――やりたいことがあるなら「やってまえ!」の精神 ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビュー ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビューロックバンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーとして知られる、ほな・いこかさん。昨年からは女優・さとうほなみとして、ドラマや舞台に挑戦しています。とはいえ、かつて小学館「2002年ちゃおアイドルガールコンテスト」審査員特別賞を受賞し、女優として2年ほど芸能活動を行なっていたそう。現在はふたつの名前を使い分けながら、活動の幅を広げ続けているワケを伺いました。

 

「誰かの心を動かしたい」から音楽の道へ

 

――女優を志したきっかけを教えてください。

小学生のとき、ともさかりえさんや鈴木紗理奈さんなどが出演していた『FiVE』(日本テレビ系)というドラマにすごくハマッていたんです。最終回を見終わった後には、お母さんに泣きながら「これに出たい……」と言ったほど。その時点で最終回だから、出られるわけはないのですが(笑)。そのあたりから女優さんになりたいと思うようになっていましたね。部屋にある画面にかじりつくようにずっと観ていたくらい、昔からテレビっ子だったんです。

――そのころは音楽ではなく、演技がやりたいと思っていたのですね。

音楽をやりたいと思ったのは、高校に入学してからです。新入生歓迎会の部活紹介でバンドの演奏を間近で見たときに、自分の中で何かがひらけたような感覚があったんです。それから「私も音楽を始めて、誰かに『バンドをやりたい』と思わせたい」という気持ちが湧き出てきました。

――単に“バンドをやりたい”だけではなく、“誰かの心を動かしたい”という気持ちが強かったのでしょうか。

そうですね。私たちの音楽を聴いた人にも、あのときの自分のような感覚を味わってほしくて。そこからお芝居よりも、音楽にのめり込むようになりました。やっていくうちに音楽で食べていこうと決意して、いろんな世界を見るために、いくつものバンドを掛け持つようになったんです。その中のひとつが「ゲスの極み乙女。」でした。

 

バンド活動休止を機に、選んだ「女優」という答え

ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビュー――そして、2012年にゲスの極み乙女。を結成。2年足らずでメジャーデビューし、NHK紅白歌合戦に出場するなど、活躍されます。そこからまた女優としての活動を始めようと思ったワケは?

2016年にバンドが活動休止になったことがきっかけで、改めて考える時間ができたというか。バンドは休止中でも、自分自身が休止する必要はないなと思ったので、今やりたいことをやろうと決めたんです。

――そこで音楽ではなく、女優という選択肢が出てきたのはどうしてでしょうか。

バンドのときに、少しだけ芝居をするような演出もあって、やっぱり演技もやりたいなとは思い始めていた矢先だったんです。バンドはひとりではできないけれど、お芝居ならば自分だけでも活動できる。だから、やるなら音楽ではなく女優だと思いました。昔から、思い立ったら後のことは考えずに「とにかくやってまえ!」というタイプなんです(笑)。なので、自分から「女優として活動できないか」と周りに相談し、さとうほなみとして新たにデビューすることになりました。

 

目標は「さとうほなみ=ほな・いこか」が自然になること

ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビュー――現在では、ゲスの極み乙女。も活動を再開し、女優業と並行されています。“ほな・いこか”と“さとうほなみ”というふたつの顔を持っていますが、ご自身の中で使い分けている部分はあるのでしょうか。

自分の中では、どちらも私なんですよね。ほな・いこかでもあるし、さとうほなみでもある。別人格というよりは完全にセットです。どちらかといえば、名前がふたつあって困惑しているのは周りですよね……(笑)。ゲスを聴いてくれてる人にとっては「さとうほなみ、っていきなりなんだよ」って思うだろうし、逆にドラマから入ってくれた人は「なんだよ、ほな・いこかって」となるだろうし。それは、本当にごめん、というところですけど(笑)。

ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビュー

でも、そもそも「ゲスの極み乙女。」というバンド名が本当に変で。このバンド名をお茶の間に浸透させたい、というのが当初の目標でもありました。「きゃりーぱみゅぱみゅ」なんかもすごい名前なのに、普通に「きゃりー! きゃりー!」なんて言われるようになったように、私たちも「ゲス! ゲス!」って当たり前のようになったらいいよね、なんて思い描いていたんです。今、ようやく浸透してきているので、だったら私も「さとうほなみ=ほな・いこか」というのが自然になったらいいなと思いますね。

 

自分を大事に行動すれば、自然と道が開けてくる

ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビュー――自然になるくらい、音楽も演技も、どちらも頑張っていきたいということですね。なかなか一歩踏み出せないという学生たちに、やりたいことにチャレンジするためのコツを教えていただけますか。

自分の「やってみたい」という気持ちを大事にすることでしょうか。やらない後悔よりも、やってみて「やっちまった!」と後悔する方が絶対にいいと思います。たとえそれが、どんなに小さなことでもいいんです。とにかくまずは「とりあえずやっちまえ」と。自分の欲求を大事に行動していれば、自然と道が開けてくると思います。だから、やりたいことがあるなら、「みんな、やってまえ!」ですかね……責任は負いませんけど(笑)。

 

🎁 さとうほなみさん 🎁

サイン入りチェキをプレゼント!! ゲス極 ほな・いこか さとうほなみ インタビュー

🎁プレゼント内容🎁

さとうほなみさんのサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

☑応募方法

1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間

2018月5月9日(水)~2018月5月15(火)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

ゲス極“ほな・いこか”も女優“さとうほなみ”も、どっちも私――やりたいことがあるなら「やってまえ!」の精神https://t.co/ObuMxs0eVd

サイン入りチェキのプレゼントもあるよ😍@honami_s @gesu_otome #ほないこか #さとうほなみ #ゲスの極み乙女 #いつまでも白い羽根 #フロムエーしよ

— フロムエー /バイト探しはフロムエー (@fromafroma) 2018年5月9日

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

 

  プロフィール:さとうほなみ

「ゲスの極み乙女。」メンバー“ほな・いこか”ドラムス担当。2017年4月より、個人として活動する際に、さとうほなみとして活動を開始。2017年7月 「黒革の手帖」(テレビ朝日)にて女優デビューをはたしてから、2018年1月に舞台「ドアを開ければいつも」(寺十吾 演出)初主演、CM クラシエホームプロダクツ「ディアボーテ HIMAWARI」などバンド活動と並行しながら多岐に渡り活動している。

現在放送中のドラマ「いつまでも白い羽根」(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分~)に遠藤藤香役にてレギュラー出演中。

衣装協力:A ntiglavite

文:成瀬えり子

撮影:二條七海、ONASU(チューリップ組)

関連記事リンク(外部サイト)

現役大学生「サーティワン アイスクリーム」の “エクセレントスタッフ”に聞く 『お客様に幸せを届ける』接客を通して得たものとは?【バイトの達人】
アーティスト・鈴華ゆう子(和楽器バンド)インタビュー「やり甲斐を求めて働いたアルバイト経験が、今の自分を支えている」
お笑いサークル団体戦「NOROSHI2018」優勝!! 大学生芸人が実践する“友達作り”のコツ

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。