体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」(C)Loco Yoneda

昨年の秋、熱海にオープンした「COEDA HOUSE(コエダハウス )」。海を一望できる絶好のロケーションに、日本を代表する建築家・隈研吾氏が手掛けたという、なんとも興味をそそられるカフェです。 

春うららかなある日の午後、TABIZINE編集部は、そんな「COEDA HOUSE(コエダハウス )」を訪ねました。熱海の新名所となりそうな絶景カフェの空気感を、余すところなくお届けします!

海抜150mの高台から海を望む、絶好のロケーション

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」(C)Loco Yoneda

熱海を代表する観光スポット、アカオローズ&ハーブガーデン。四季折々の花々が楽しめる広大なガーデンとして、ツーリストから人気を集めています。絶景カフェとして知られる「COEDA HOUSE(コエダハウス )」は、この敷地の一角にあります。

カフェが建つのは海抜150mの高台。眼下に広がる景色は、とこまでも続く青い海と地平線。ついつい時を忘れて、海と空のブルー・グラデーションを眺めてしまいます。

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」(C)Loco Yoneda

テラス席や外のウッドデッキに腰をおろせば、頬を撫でる海風を感じて、解放感のあるひとときが過ごせます。

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」(C)Loco Yoneda

バラ尽くしのカフェメニュー

「COEDA HOUSE(コエダハウス )」のカフェメニューは、バラをテーマとしたドリンクやスイーツが中心。なんともローズガーデンらしい計らいです。

アイスクリームにはバラの花びらが練りこまれており、ローズジュースにいたっては、バラのエキスが入っているそうで、吐息までバラ色になるのではないかと思うほど(笑)、しっかりとしたアロマ感!

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」写真左/バラのアイスクリーム600円(税込)、写真中央/熱海タルトフロマージュ300円(税込)、写真右奥/バラのサイダー450円(税込) 。(C)Loco Yoneda 【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」目眩く、バラのアロマ感を体験できるローズジュース450円(税込)。(C)Aya Yamaguchi

そのほか、貴重な“みかんハチミツ”を使ったバームクーヘン「COEDA KUCHEN」は、パティシエ世界大会(2016年)第3位の実力をもつ藤井幸治氏が考案した、ここでしか買えない限定スイーツ。週末ともなると、多くの人々がカフェに訪れるため、売り切れてしまうこともあります。

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」手土産にも喜ばれそうな、藤井幸治氏のオリジナルスイーツ「COEDA KUCHEN」1,900 円(税込) 。(C)Loco Yoneda

手軽なスイーツに、贅沢なドリンク。天気の良い日は、カフェで気持ちの良い小休憩ができそうです。

建築物としても注目したいカフェ

さて、オープンから一年も満たない「COEDA HOUSE(コエダハウス )」ですが、先に紹介したロケーションだけでなく、注目される建築物としても知られています。単なる、“オシャレ”や“モダン”といった言葉では表現できない、近未来を感じさせる建築は、新国立競技場などの設計も手掛ける建築家・隈研吾氏によるものです。

店内に足を踏み入れると、視線を奪うのは、積木のようにいく層にも重ねられた木材。これはなんと、樹齢800年を超えるアラスカヒノキなのだとか。角材を積み上げ、一本の大きな幹のようにして建築を支える、という構造なのだそうです。

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」建物を支える幹となっている、樹齢800年のアラスカヒノキ。49層1500本が使用されている。拡張樹脂アンカー工法(木材に鉄筋を通して樹脂で固定する方法)を用いており、建物内は釘が見えない設計。(C)Loco Yoneda

さらに、床にはアフリカケヤキの無垢材が使用されており、カフェの中には、心地よい木の香りが漂います。

「“自然と共鳴した空間”というのが、COEDA HOUSE(コエダハウス )のコンセプトの要素として挙げられます。ですので、釘や空調などは外に見えないよう配慮された構造になっています。ぜひとも、海を眺めながら、木の温もりや香りを感じていただきたいと思います。(アカオリゾート公国 三浦さん)」

COEDA HOUSE(コエダハウス )でのんびりと過ごした後は、ガーデンを散策して帰りましょう。ハーブ&ローズガーデンでは、12のガーデンが点在し、季節の移ろいとともに、ガーデンは様々な表情を見せてくれます。

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」訪れた際に咲いていたのは、色とりどりのチューリップ。(C)Aya Yamaguchi

初夏を迎えるこれからは、ガーデンが最も華やぐ時季。いきいきと、美しいバラが咲き誇るのだそう!

お土産を探しに困ったときは、「COEDA HOUSE(コエダハウス)」でバラをモチーフとしたグッズや、ガーデン内にある「ハーブハウス」でブレンドハーブティーなどが購入できます。

【熱海特集】熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」(C)Loco Yoneda

熱海駅からアカオローズ&ハーブガーデンへは、バスやタクシーでの移動が断然オススメ。熱海の観光名所を巡る「湯~遊バス」を利用する際は、アカオローズ&ハーブガーデンで降車しましょう。

アカオローズ&ハーブガーデン
http://www.garden-akao.com/index.html
住所 静岡県熱海市上多賀1027-8
電話 0557-82-1221
開園時間 9:00~17:00 入園は16:00まで
入園料金
大人1,000円 ※5/15~6/10は1,300円
小人500円 ※5/15~6/10は600円
定休日 12月・1月の毎週火曜日(※12/29~1/3は営業)
駐車場 100台 / 無料(貸切バスでご来園の場合は事前にご連絡ください)
熱海駅からのアクセス
タクシー 乗車時間15分 約1,500円
東海バス 6番線 網代行きに乗車し、アカオハーブ&ローズガーデンにて下車
乗車時間約15分 280円
熱海市内ラウンドバス 「湯~遊~バス」250円

熱海の新名所、海を見渡す絶景カフェ「COEDA HOUSE コエダハウス」
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。