体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家賃3万円台の賃貸物件をDIYでアレンジ!自分らしくお得に住む方法とは?

DIYで足りない設備を補って、お得な部屋に住もう

なるべく家賃が安い部屋に住みたい……。けれど設備は妥協したくない! そんな人は、DIYで自分らしく・使いやすくアレンジする方法はいかがだろうか?

今回は神奈川県藤沢市の賃貸物件に住む男性・牛山さんの部屋を訪問。彼は限られた生活費の中で1Kの部屋を選び、引っ越しを機にDIYに目覚めたそう。そして過ごしやすさと自分らしさ、どちらも叶える空間をつくり出したのだ。

どんな部屋なのか、その特徴とDIYのコツを見ていこう!木目調の家具とグリーンで統一された、おしゃれな雰囲気の部屋でくつろぐ牛山さん|家賃3万円台の賃貸物件をDIYでアレンジ!自分らしくお得に住む方法とは?

木目調の家具とグリーンで統一された、おしゃれな雰囲気の部屋でくつろぐ牛山さんプロフィール

名前:牛山大輔さん
職業:学生
年齢:21歳ルームデータ

所在地:神奈川県藤沢市
居住人数:1人
家賃:35,000円
間取り:1K
築年数:27年とにかく家賃が安い物件へ引っ越した牛山さん。一人暮らしにはちょうどいいサイズの1Kを選んだ|家賃3万円台の賃貸物件をDIYでアレンジ!自分らしくお得に住む方法とは?

とにかく家賃が安い物件へ引っ越した牛山さん。一人暮らしにはちょうどいいサイズの1Kを選んだ月々の生活費

家賃:35,000円
光熱費:15,000円
食費:30,000円
交際費:20,000円
洋服・雑貨:20,000円
雑費:5,000円月々の生活費は家賃:35,000円、光熱費:15,000円、食費:30,000円、交際費:20,000円、洋服・雑貨:20,000円、雑費:5,000円|家賃3万円台の賃貸物件をDIYでアレンジ!自分らしくお得に住む方法とは?

月々の生活費は家賃:35,000円、光熱費:15,000円、食費:30,000円、交際費:20,000円、洋服・雑貨:20,000円、雑費:5,000円自分好みの空間にDIY! 安く、おしゃれに快適に

DIYで快適に、そしてお得に暮らしている牛山大輔さん。現在大学3年生だが、一人暮らし歴はまだ1年ほど。以前は姉弟で住んでいたが、お姉さんの就職を機に独立を果たした。

新生活にあたって悩んだのは、生活費における家賃の割合だ。親から渡される月5万円とバイト代で家賃・光熱費をまかなわなければならなかった。

「大学にもバイト先にも近く、ショッピングモールがあって便利な辻堂で部屋を探して、3万5,000円と破格の家賃の1Kが見つかりました。安いから部屋数は取れないけど、そこは工夫したら何とかなるかなって」(牛山さん)

そこで、牛山さんがトライしたのがDIYだ。広さが限られていても、ソファや勉強机でスペースを仕切ったらさまざまな用途に使えるかもしれない。少々スペックが足りなくても、問題ない。あとはセンスと、ちょっとした工作技を発揮するだけだ。

「特に工作が得意というわけでもなかったんですけど(笑)。インテリアのムックや、部屋作りのインスタアカウントなどを見るのは好きだったから、じゃあ作っちゃおう!とホームセンターに足を運んで工具、材料を一通りそろえたんです」(牛山さん)

まず着手したのは収納力の強化。実はこの部屋、玄関に備え付けの下駄箱がない。既製品のシューズケースも、しっくりはまるサイズの製品は見当たらなかった。

スノコを加工してフレームを作り、ワイヤーを吊るして下段の靴も見やすいよう工夫。これはインスタで学んだ技だ。キッチンも同様に、空きスペースの幅に合わせてパイプで棚を自作。オーブントースターと炊飯器をセットした。「狭くて収納がないキッチンにあるものを一つにまとめておけるラックが欲しいが、ちょうど良いサイズがなく作ってみた」と牛山さん。手持ちのゴミ箱・家電にサイズを合わせているため使い勝手は抜群|家賃3万円台の賃貸物件をDIYでアレンジ!自分らしくお得に住む方法とは?
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。