体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小島慶子、移住先の豪州パースは「日本で言ったら福岡」おすすめ旅行スポットを紹介

小島慶子、移住先の豪州パースは「日本で言ったら福岡」おすすめ旅行スポットを紹介
J-WAVEが5月3日(木・祝)に放送した特別番組『J-WAVE 30th ANNIVERSARY SPECIAL FEELING EXPERIENCE IN AUSTRALIA』(ナビゲーター:グローバー)。ダイナミックでスピリチュアルな自然が広がる感動大陸・オーストラリアを大特集。様々なゲストにオーストラリアの魅力を伺いました。

■オーストラリア・パースの魅力

13時台のゲストは、タレント、エッセイストの小島慶子さんが登場。小島さんは2014年に家族で西オーストラリア州のパースに移住、現在はパースと東京を行き来する生活です。

小島:だいたい3週間ごとに飛行機に乗って8000キロを移動して、マイレージがたまりまくって。時差は日本マイナス1時間でほとんど同じです。ただ直行便がないので、香港かシンガポールで乗り換えて14時間半くらいかかります。慣れてくると、東京駅から成田空港までの成田エクスプレスと、東京からパースはほぼ同じくらいの感覚(笑)。
グローバー:パースは日本で言ったらどの街ですか?
小島:福岡みたい。パースは西オーストラリア州の州都なんですが200万人くらいいて、街の規模だとか作りでいうと博多みたいな感じで。コンパクトに都市部があって真ん中に川が流れていて、海も近くて周りに郊外があって、ちょっと遠出すると豊かな自然があります。
グローバー:他のオーストラリアの街と比べて素晴らしい文化はありますか?
小島:他のエリアに行ってないのでわからないのですが、今パースはオーストラリアの中でも子育てがしやすいとか、気候がいいとか、シドニーやメルボルンみたいな大都会に比べるとのんびり暮らせるということで、引っ越してくる人が多いみたいです。

■小島さんのパースでの1日

実は小島さんは、お父さんの転勤先だったパースで生まれて、3歳のときに日本に移り住みました。再び住むことになったパースでの一日の様子を訊きました。

小島:毎日優雅に自然とたわむれていると思われているけど、意外と厳しいんですよ。インターネットがありますので、8000キロ離れていても締め切りは追いかけてくるんです(笑)。
グローバー:いやですねえ(笑)。
小島:朝、子どもたちが「学校に行ってきます」というのを半分寝ぼけ眼で送り、メールの返信や資料を読んだり、原稿を読んだりというのをリビングのパソコンに向かってやります。食事は夫が作ってくれるので、合間合間に洗濯とか、家の片付けとか家事をすまして、ほぼ一日家の真ん中でデスクワークをしています。
グローバー:大自然と全然触れ合ってない……。
小島:子どもが夕方になって帰ってくると、普段3週間離れているものだから、やっぱり一緒に宿題をやってあげたり、なんだかんだ子どもが寝るまでは仕事はできないので、子どもが寝たあと、落ち着くのは夜10時以降ですけど、また原稿を明け方4時頃まで書いたりして、ようやくベッドに入ったりするので、子どもが「行ってきます」という時にはボヤっとしていると……(笑)。

■パースでのおすすめは?

そんな小島さんに、パースのおすすめスポットを伺いました。

小島:旅行でいらっしゃるならパースの街並みも観ていただきたいですけど、フェリーで45分のところにあるロットネスト島ですね。車でまわれないので、島内は徒歩か貸し自転車で移動します。宝石みたいにきれいなビーチがたくさんあって、クオッカという可愛い有袋類もいますし、パースのすぐそばにあるのでそこに行っていただきたいです。あとは、レンタカーで1、2時間走れば国立公園があります。すごくきれいな小麦粉みたいに真っ白な大砂丘や、2、3時間南の方に走ればマーガレット・リバーという軽井沢にハワイがくっついたようなリゾート地があるので、そこに行くと本当に胸を打たれるようなユーカリの大原生林があったり、鍾乳洞があったり、次々と波が打ち寄せる素晴らしいビーチがあるんです。雄大な自然とか日本と全く違う植物とか、「違う星かしら」と思うような変わった形の植物とかもぜひ見ていただきたいです。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。