体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

竹原ピストルの運命を変えた電話とは? 「しょうもない暮らし」をしていた時期に…

竹原ピストルの運命を変えた電話とは? 「しょうもない暮らし」をしていた時期に…
J-WAVEで放送中の番組『TDK SUGAR WATER』(ナビゲーター:菅原小春)。5月4日(金)のオンエアでは、シンガーソングライター・竹原ピストルさんが登場。竹原さんの軌跡や、菅原の最近の悩みにまつわる話が展開されました。

■千葉県民の意外な共通点?

実は、ふたりとも千葉県出身だということが分かり「私は成東です」「僕は蘇我です」「めっちゃ都会ですね!」と、いきなり大盛り上がりの対談。とはいえ、話すことに自信がない菅原は、以下のように話し始めます。

菅原:私、言葉で人に伝えるのがあまり上手じゃないからダンスにたどり着いたんです。竹原さんもボクシングから歌にきて、どちらも体現であり表現であるから、もし竹原さんもおしゃべりがあまり好きじゃない人だったら、ラジオはどうなっちゃうんだろうと思って。
竹原:(笑)。僕の場合は、感情を体現として歌ってるっていう認識があまりなくて、子どもの頃から人前で出し物をすることが好きだったんです。それをずっと続けていたらこうなったっていう感じですね。
菅原:ボクシングはいつから始めました?
竹原:高校に入ってからで、音楽のほうは、ウチは父親がハワイアンバンドを職場の仲間とやっていたから、 物心がついたときから家に楽器があったので、なんとなく触るようになって、なんとなく歌も作るようになって、なんとなくプロのミュージシャンになりたいと思ってるところに、あくまでも部活動として始めたのがボクシングだったという感じでした。
菅原:ウチの両親も、ご飯を食べてるときはテレビを見ないでずっと曲を流しているような家族だったから、なんとなくダンスを始めたら今のようになって、お姉ちゃんは歌を歌ってます。千葉ってそういう感じなんですかね? 親が曲をかけるのが好きみたいな(笑)。

■飲み会で夢を語っていると冷静に…

菅原:ボクシングもそうだと思うんですけど、歌を歌ってても、ひとりとの戦いみたいなところがあるのかなと。ひとりで武器を持って、ひとりで戦いに行くみたいなイメージがあって。孤独って思うところはありますか? 孤独は感じないタイプですか?
竹原:孤独かぁ……。ステージに上がって孤独とかはあまり考えたことないですけど。ずっとちっちゃい頃からギターの弾き語りをしていたし、2人組で演奏していたこともあるけど、あまりにそれが自分にとってスタンダードだという感じなので、特別に孤独だなと思ったことはないです。中学時代に野球をやっていてキャッチャーだったんですけど、ピッチャーとソリが合わなくて、個人競技にしようと思ってボクシングを始めたところはあります(笑)。逆にひとりになりたかった。
菅原:じゃあ、ひとりは好きですか?
竹原:わりと好きなほうだと思います。一緒に酒を飲みに行くなんていうときも、ごく近しい、仕事でチームを組んでいる仲間だったり、関わってる仲間としか行かないですね。 音楽活動には全く関係のない仲間もいるわけですが、その仲間たちと酒を飲みに行っても、楽しいんですけど、つい盛り上がって、うっかり熱く自分の夢などを語ってしまったとき、ふと冷静になって、「熱く語っていた夢を実現するためには、まず取るべき行動はこの飲み会をお開きにすることだ」「飲んでる場合じゃないだろう」って、急に冷めた気持ちになっちゃうんです。
菅原:そうなんですか。
竹原:ところが、仕事仲間達と酒を飲んで夢を語り合うことは、すなわち企画会議ですし、そこから生まれたアイディアを実現してきたし、いくら語っても語り放題だから、楽だなって思ったりします。
菅原:そういうことなんですか。私、変に熱いから、飲みに行くと60代ぐらいの人が多いんですよ。おじちゃんたちと「こうしていきたい」「こうだと思うんだよね」「ダンスで世界を変えたいから、こうだと思うんだよね」って話をする。すると「でもな小春、俺達とずっと飲んでてもいいんだけど、俺たちは先に死ぬからな。お前はお前の世界の仲間を作らないと、俺達は先に行ってしまうから」って言われて。
竹原:(笑)。
菅原:でも、同世代で「表現で世界を変えていこうぜ」っていうタイプの人たちと巡り会うことが、本当に限られてるから、私も「うわ〜」ってなっちゃうんです。
竹原:すごく限られた仲間と一緒に過ごすことばかりになっちゃうか、ひとりか。
菅原:しかも、ひとりになったら自問自答しかしないから、いいサイクルに入るときもあるけど、嫌なサイクルに入って自問自答を続けて、闇に入っていくことがけっこうあって。
竹原:闇に入っていくのかぁ。
菅原:ボクシングのときってそういう感じではないですか?
竹原:ボクシングをしていたときって、ある種、淡々としてたと思います。毎日毎日、同じ稽古を積み重ねて「よっしゃ、本番だ。練習通りに動けますように」ぐらいの感じでやってたけど、ぎゅーっと闇に浸かって溜まっていくエネルギーのような、うっぷんのようなものがドカンと爆発する感覚は、自分は音楽活動のほうが感じます。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。