体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブームに一石!「瞑想」の良さを簡単に体感できる掌サイズの音響デバイスが登場!

今、空前の瞑想ブームです。

スピリチャル思考の人のみならず、ヨガの延長として瞑想に出会う人や、座禅や禅の延長として考えるビジネスパーソンなど幅広い層に受け入れられ、欧米の大手企業では能力向上のトレーニングとしても活用されています。

瞑想をすると「リラックス」「思考のリセット」「創造力を高める」「集中力向上」などが養われるとされ、瞑想を生活に取り入れる人が増えるなか、場所を選ばず手軽に瞑想状態と同じような体験ができる「Simple瞑想」(シンプル瞑想)という小型音響デバイスが注目されています。

独自の音響プログラムで脳を瞑想状態にし、そのことで集中力アップや効率向上に導き自分の力を引き出すことをサポートするという「Simple瞑想」。先日、開発者である、株式会社セルパワーの佐々木耕司社長らによるメディアむけ商品発表会が行われました。

日頃から集中力のない筆者は「良かったら試されますか?」というスタッフの方の言葉に甘え、なんと実機をお借りしてしまいました。さて…これを一週間試すとどうなるのか?今回も、編集部がカラダを張って体験リポートします!

まずは脳をリラックスさせてあげる

ここで脳と集中力の関係について簡単におさらいします。

まず集中するためには、なるべく雑念をなくし注意が散漫しないように脳がリラックスしている状態をつくりあげる必要があります。

その方法のひとつが瞑想です。他にも方法を調べてみると「温めの風呂に入りカラダそのものをリラックスさせる」「ガムを噛む」「ビタミンB群を摂る」「質の良い睡眠をとる」「クラシック音楽を聴く」「黄色を見る」…などなど、眉唾なものから科学的根拠のありそうなものまでさまざまです。

それだけ人は集中できない(しにくい)という顕れかも知れませんが、そもそも脳が「リラックスしている」とは、どのような状態なのでしょうか? 

脳波と瞑想の関係

脳がリラックスしている状態か否かを計測する目安として脳波があります。脳波とは脳の神経細胞から出る弱い周期性の電流のことで、大きく4つの状態の波に分けられます。

ベータ波…38Hzから14Hzの周波数の領域。

やや緊張した状態から興奮した状態。私たちが普段生活しているときは、このベータ波が優位とされている。

アルファ波…14Hzから8Hzの周波数の領域。

脳がリラックスしている状態。ベータ波より周波数がゆっくりとしており、このような脳波を発しているときに集中力が増すといわれる。瞑想するとこのアルファ波が優位な状態になるとされる。

シータ波…8Hzから4Hzの周波数の領域。

アルファ波よりさらに周波数がゆっくりしており、深い瞑想状態やまどろみの状態になる。

デルタ波…4Hzから0.5Hzの周波数の領域。

脳波が最も遅い状態で深い眠りについている時、または無意識の状態。0Hzになると脳死状態になる。

Simple瞑想」ってどんなもの?

さて、この脳波の仕組みを応用したのが「Simple瞑想」です。人が精神的に一番安定する音とされている周波数(151Hz)と、それよりも2~10Hz低い周波数の音を左右の耳から聴くことにより、アルファ波とシータ波が脳内で優位になることをサポートします。

装着すると独特の「音」がしますが、これは右耳から聞いた音は左脳に60%、右脳に40%伝わり、左耳から聞いた音は右脳に60%、左脳に40%伝わるため、両耳から聞いた音の周波数差が同調したために聞こえる「うなり(beat)」です。

心地良い周波数の音とそれより少し低い周波数の音を左右の耳から聞くことで、右脳と左脳のバランス同調作用が起こり安定した状態になるそうです。

重さは110g。70mm×54mm×20mmと掌に乗るサイズ。どこでも持ち運びができ、マイクロUSBで充電が可能です。これならば、事務仕事や勉強、運動しながらでも利用でき、通勤や通学途中に“ながら聴き”できますね。

早速、試してみようとイヤホンを装着。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。